メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

貞子

2019/10/15  22:07
4
2
n_623dabr5612rpl.jpg
【概略】
心理カウンセラー・茉優の下に、記憶障害の少女が入院してくる。真摯に向き合う茉優だったが、次第に奇妙な出来事が起こり…。
ホラー

.5★★☆☆☆
3Dでギャグになってしまったあげく、某作品で呪いが合体したりと、まったく怖くないどころか…になってしまっている貞子。
本作も、全体的に貞子が怖くない。
制作陣は、髪の毛が長くて井戸から這い出てくれば貞子、みたいな風にでも思ってるんだろうか?井戸に閉じ込められてた設定のわりに、服も新調して肌も美しくなってる貞子、すでにもうビデオテープとか関係ないし。なんでアップデートしてるん?昔の、ひんやりとして「霊」だった貞子のが良かったよ。
本作では貞子の凄惨な過去について説明しておきながら、霊というよりはクリーチャー扱いしてるところがとにかくマイナス。彼女は霊なんだよ。クリーチャーじゃない。
謎少女のにらみ顔も不気味じゃないし。弟のファンタスティックかずまの動画とかもう(笑)
謎少女母親のともさかりえは貞子とどうつながりがあるのかな??大島出身ってことだったけど。
佐藤仁美の倉橋の、貞子の説明が説明臭い…死の表情はギャグすぎた(笑)
あとヒロイン池田エライザの「同じ宿命を背負った少女の叫びが、貞子の呪いを甦らせてしまった」とかもうそれポエムじゃんよ…。
結局貞子って、過去とかみせたりするけど、見せた人に何をして欲しいのん。
貞子と弟綱引きしたり、少女の呪い?を一身に受ける事にして一人狂うエライザとか、エライザPVなんですかね?
もう貞子をネタにするのはやめてほしい…とか色々思いつつも結局レンタルしちゃうんだけどもね…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/10/16 23:03

これ、演出が中田秀夫なんすよねえ。中田秀夫は脚本のまま作るだけで、脚本も選んでる素振りはないから、基本的にもうホラーは撮らない方がいいと思う。
コメントアバター画像
maki 2019/10/16 23:44

>fjk78deadさん こちらにもありがとう。

え、そうなんだ…。脚本、演出までエンディングチェックしてなかった。
とりあえずホラー映画を引き受けたみたいな感じなんだろうか…。

貞子、素肌ボロボロじゃないんかい!と思うところ…。
あと、エライザのポエム台詞は二か所ありました。二か所ありました。
コメントアバター画像
ヒロ之 2019/11/07 14:49

こんにちは!

コメントありがとうございました。
原点回帰を狙ったようですけど、相変わらず迷走している感は拭えなかったです。
貞子自体がもうオワコンなんでしょうか、なんか怖さがどんどん薄れていっているように思えます。
ブラウン管から這い出てくるあのドキドキをもう一度!てのはもう難しいのでしょうかねえ。
コメントアバター画像
maki 2019/11/07 16:39

To ヒロ之さん こちらにもありがとう。

オワコンだと思います。
だって恐怖を感じないもの。
貞子3Dのあたりからもうお笑いアイコンだったもの。
厳しい事いうようだけど、
新しいホラーキャラでも作ったほうが良いんじゃないでしょうか。

コメントの投稿

トラックバック

『歎異抄をひらく』『コンフィデンスマンJP』『貞子』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

同日鑑賞縛りで3本まとめてレビュー。 ◆『歎異抄をひらく』新宿シネマート1 ▲左手奥が主人公。鎌倉時代の百姓なのでどうやらザンギリで正しいらしい。右手前は修行僧の先輩。ゆるふわ髪でビジュアル系説法かよ!(街頭で女子に説法モテモテの描写が本当にある、、、っつか流石にそういうモテモテとかは演出だろ、、、、いいんか? 実在した本当の親鸞上人の弟子だろうに) 五つ星評価で【★★これはアニメ向き...

貞子 - 象のロケット

心理カウンセラーの秋川茉優が勤務する病院に、戸籍登録のない記憶障害の少女が入院してきた。 茉優は彼女に特殊な能力があることに気づく。 一方、茉優の弟でYouTuber(ユーチューバー)の和真が、放火があった団地に動画を取りに行ったまま消息不明になってしまう。 拡散された和真の動画には、髪の長い女が立っていた…。 ホラー。 ≪撮ったら死ぬ。≫