アンノウン・ボディーズ

2019年10月08日
0
0
サスペンス・スリラー
n_604kwx2203rpl.jpg
【概略】
6人の女性の全裸死体が同時に発見された。いずれも血を抜かれ、指紋は酸で焼かれ、頭部は持ち去られていた。捜査を担当するのは、はみ出し者のベテラン刑事フレディと冷戦沈着なボスで相棒のフィンケ。死体の身元は明らかになったものの、失踪時期や場所、職業や外見まで全く共通点は見当たらず、捜査は難航する。そんな中、犯人のもとから逃げ出したと思われる女性リナが、記憶を失った状態で発見される。フレディはフィンケや上層部の反対を押し切り、彼女を手がかりに独自の捜査へと突き進んでいく。
サスペンス

.0★★★☆☆
むき出しの遺体のほか、警察犬があちこちから遺体を発見する。その数全部で6体。
それと、遺体を見た気がするという現場にいた謎の女性精神科医リナ。
フレディの軽さが浮いている。何でこんなチャラくてなんにでも噛みつく直感男が警部なのか。リナと関係を持ってしまうフレディと、規則を守らせたいフィンケ。不安障害のパトリックや、ケルンから移ってきたメンケンや容疑者たち…。
一方リナの診療所で、6つの頭部が串刺し状態で発見されるのですが、そのあとでもいちゃつくフレディには(次の日リナと寝た事で判事との約束があるのに!)、ほんと辟易。でも主人公属性は彼なんだよな。
普通に真面目なフィンケの方が好きですね。ただ、フレディの直感は「当たる」。そして馬鹿でもしなきゃ、犯人を追えない。
そしてハンマーと言えば彼パトリック。だけど、疑問が残る。その疑問こそが答え。冷凍庫の鍵…。
貨物トラックでスパッ…となったのは、犯人の首というか顔面。ここは衝撃的でなかなか良かった。冷凍庫の鍵をきちんと取って置き詰め寄る、フレディはやはり刑事だったんですよね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 0

まだコメントはありません。