メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

アントマン&ワスプ

2019/10/01  21:31
4
3
n_611vwdr6774rpl.jpg
【概略】
元泥棒でバツイチのヒーロー、アントマンことスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、いまはFBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される。そんな彼らの前に、ピム博士の研究技術を狙い、壁をすり抜ける謎の敵ゴーストが現れ…。
アクション
.0★★★☆☆
なんかなあ…正直もう1作目はきかんしゃトーマスがでかい事しか覚えてないです。
要は量子世界に行って死んだと思われていたピム博士の妻(ホープのお母さん)を救出するって話ですが、マイケル・ペーニャの可愛らしさしかもう記憶にない(笑)
「やっぱ自白剤じゃん!」の自白剤一連シーンのところは笑った。
縮んだりとサイズがころころ変わるのは面白いとは思う。全体的にコミカルで、気楽には見られます。
マイケル・ペーニャが可愛い映画です(言いきり)。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/10/01 22:15

気楽に見れるのいいよねー。マーベル、連結が厳しすぎて気楽に見れないもの。これもラストのアベンジャーズへの引き継ぎで暗く終わるのは嫌い。
コメントアバター画像
maki 2019/10/02 07:42

>fjk78deadさん おはようございます。

え?マイケル・ペーニャが可愛らしいって?
ほんとその通りの映画でしたねー 異論は認めません。

一応関連作品は順番にみているつもりだけど、
本作はサノス一件があってもおちゃらけてる印象があったけど、
エンドロールでああなると、スコットどうなるんだろ…とは一応は思いますが
それよりもペーニャですよ!
コメントアバター画像
ボー 2019/10/05 07:16

ニャニャ!

わたしは結構楽しく見た記憶が。
ラストも館内がざわついて、あー、そうなるか!と、みんなと一体感がなんかうれしい気分でした。
ちっちゃくなれたら、あんなこともこんなことも…ぐふふ。
コメントアバター画像
maki 2019/10/05 09:54

>ボーさん おはようございます。

小さくなったり大きくなったりと、めまぐるしい展開ではあるものの
なんかドラえもんの道具っぽくて面白かったですね
このシリーズ(アントマン)はコミカル要素が強い気がしますー
ただ、そう、エンドロール中のラストがね…。「あーここで…」という。

そうそう
ボーさんの愛するニコール・キッドマンの「マイ・ライフ」のほうに
コメントがつかなかったことに驚きです(笑)

コメントの投稿

トラックバック

『アントマン&ワスプ』トーホーシネマズ日本橋7(ネタバレ部分あり) - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

▲ワスプ(雀蜂/左)とアントマン(蟻男/右)。二人ともスーツの色味が果てしなく地味。でも、カラーリングがミクロイドSだったら、それはそれで恥ずかしいからせんないか。 ※ ラストについて触れている箇所がありますので未見の方はご注意ください 五つ星評価で【★★★快調なテンポと適当さ】   アントマンの一番の魅力は他のマーベル・ヒーローと比べて適当な事にある。アントマンの能力はサイズを変える事...

アントマン&ワスプ - 象のロケット

FBIの監視下で自宅謹慎中の<アントマン>ことスコット・ラング。 あと3日で監視装置が外されるという時、彼は大事件に巻き込まれてしまう。 ピム博士とその娘<ワスプ>ことホープは、30年間“量子の世界”で彷徨っている博士の妻ジャネットを助け出そうと決意。 一方、闇のディーラーと、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が、博士の研究所を狙っていた…。 SFアクション第2弾。