メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

翔んで埼玉

2019/09/20  20:00
6
5
n_618drzs10104rpl.jpg
【概略】
かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが…。
コメディ

.0★★★★☆
埼玉(付近の)県人しか、分からねーよッ(笑)というたくさんのネタは予想通りだったけれども。生まれも育ちも北海道の私ではあまりにも内地(本州をこう呼ぶ)の話すぎてね。
Gacktや二階堂ふみちゃんには凄く満足してます。BLチックもおもしろいよね。
京本政樹の埼玉デュークとか萌えた(笑)デュークが麗の父親とか言われても全然違和感ないわ。
有名人の出身地対決とか大笑い。そうなんだ!ばっかりひとりごと言ってた。そして埼玉の「市原悦子」は強いのとか(笑)家政婦は見ただもんな。笑笑
頭からっぽで観れるおバカムービーでしたよ、いい意味で。
マジで!?しまむらとガリガリ君も?と驚いたわ。
それにしても実際のところ埼玉よりも千葉と特に群馬のディスリが凄かったなー。
誇張が強い世界観は見ごたえありました、対象地区の人だったらもっと笑えそうだ、うらやましい。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/09/22 22:39

埼玉よりちょっと前に劇場版公開になった『お前はまだグンマを知らない』がもちっと評判になってもいいのに。まあ、仕掛けが埼玉に比べると小さいのだけど(それもまたローカルっぽくて良い)。
コメントアバター画像
maki 2019/09/23 11:50

>fjk78deadさん こちらにもありがとう。

それね~まだ観てないんですよ
というか見る予定に今のところないんですが
前に某生徒会映画のときにふじきさんにお薦めされた記憶があります
これ埼玉を確かにディスってるけど、群馬もそうとう…ですよね(笑)
コメントアバター画像
ボー 2019/09/26 09:46

えー、

たいへん、くだらない記事を、埼玉県から、海を越えてTBしておきました。
ふみ!
コメントアバター画像
maki 2019/09/26 21:12

>ボーさん こんばんは。

どうもどうも、ありがとうございます。
地元の話だったら、
ディスられててもなんだか「そうそう」と嬉しくなっちゃうものですよね

コメントアバター画像
latifa 2020/02/27 15:59

makiさん、こんにちは!
先日TVで放映したのを見ました。
内地(笑)の土地事情とか、私もあんまり詳しくなかったのが残念・・・。
かやの外みたいな感じで。

コロナ、怖いですね。
でも北海道は、検査一杯やってくれるからこそ、感染者が解って来てるわけで、
こちらは、検査したくても受けられない人が多いみたいで、それの方が不安です。
コメントアバター画像
maki 2020/02/27 20:50

To latifaさん こんばんは。

埼玉よりも、群馬の方は怒ってもいいレベルでしたね(笑)

コロナ嫌ですねー。
北海道は、まず大きさが普通に「関東周辺区域全域」ですから、
今日も新たに13人がかかったというニュースがながれてましたけども、
1県とかとは比べ物にならない気がしてます。
果たしてちゃんと検査はされてるのか?ってのは、ニュースにもネットにも色々書かれてましたけど、
政府の対応が遅すぎ&ふざけてるのかレベルなのがねえ。

いつになったら、出かけられるのでしょうね?
4月後半~5月がピークという話もありましたし、
かといえばこの一週間で広がるか収縮するかの一種の見極めみたいにもいわれてますよね。
映画館で観たい映画があったので、いけないのは残念なのでした(><)
ひとり暮らしをしてるのならば行ってしまいますが、家族と住んでるのでね…。

コメントの投稿

トラックバック

『翔んで埼玉』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

かつて埼玉県民は東京都民から虐げられていた。通行手形がなければ出入りが出来ず、所持していなければ強制送還されてしまうのである。都知事の息子・壇ノ浦百美が生徒会長として君臨する名門校に、アメリカ帰りの財閥の御曹司・麻美麗が転校してきた。自分の前でも尊大な態度をとり続ける麗に反発する百美だったが、やがて彼に惹かれてゆく。だが麗は隠れ埼玉県人で、埼玉解放戦線のメンバーだったのだ。正体がバレて追われ...

翔んで埼玉 - 象のロケット

その昔、埼玉県人は東京都民から大変な差別と迫害を受けており、通行手形がないと東京に出入りすら出来なかった。 都知事の息子・壇ノ浦百美が生徒会長として君臨する東京の超名門校・白鵬堂学院に、アメリカ帰りの麻実麗が転入して来る。 実は麗は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指す埼玉解放戦線の主要メンバーであった…。 ギャグコメディ。

『翔んで埼玉』『プリキュア・ミラクルユニバース』『多十郎殉愛記』『うちの執事が言うことには』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

東映で4本まとめてレビュー。 ◆『翔んで埼玉』丸の内TOEI① ▲右・百美(♂)のくびれの美しい事。ちょっとさすってみたいっすね。 五つ星評価で【★★★こういう悪ふざけは大好き】 残念ながら大爆笑には至らなかった。やはり埼玉で埼玉県民と一緒に見てないからだろう。ただ一番ひどいディスられ方をしたのはプテラノドンが飛ぶアマゾンのような群馬だが。原住民のグンマーが怒るぞ。そう言えば『お前はま...