updated date : 2019/09/16
category - アクション・SF・歴史・パニック COM(0) TB(0

オルカ

n_605gnbr8425rpl.jpg
【概略】
アメリカとの国境に近いカナダ東海岸沖で海底調査を行っていた学者・レイチェルは、いつものように潜水調査を開始。するとそこに1匹のシャチが現れる。
パニック

.0★★★☆☆
海洋生物とはいってもサメじゃなくて、シャチのパニック・ムービー。ジョーズの後に制作されたんじゃなかったかな(おぼろげ)?
ざっくりいってしまうと、家族を殺されたシャチの復讐劇です。サメも出てはきますけどね。
オルカ・オルシナスと古代は呼ばれていたシャチ。冒頭のシャチ説明で「へ~」という感じ。
一夫一婦制で、聖書は400万語でシャチは1500万語もの情報を放ってるんですって。まだ序盤のシャチの群れあたりは可愛いものです。
オスを生け捕りにするはずが、メスを撃ってしまい、人間のような悲鳴を上げて痛がるシャチ…。(怖い)
引き上げられたらなんと幼魚がぽろりと!そう、メスは妊娠していた…絶望の雄たけびを上げるオスのシャチ。(怖い)
いやこれここのシーン子供の頃にみてたらトラウマかもしれぬー。
シャチは非常に頭がいいですものね、目がぎろっと人間たちをみてたのが印象的。「オルカはあなたをはっきりと見てたわ」地元民もオルカを殺せば魚がとれなくなるという迷信を信じてたり。
シャチの体当たりで漁村の船が次々と沈んでいく…えっシャチってこんな強いの?家を壊したり、足を食らったり、人喰いシャチになっちゃったり。海上での対決を望んでるオルカは、納屋に結果的に火をつけ大火災をも起こす。
というか人死にすぎじゃね…。男同士の孤独な闘いじゃだめだったのか。まあ最後は氷上での一騎打ちだけど。
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 0

まだコメントはありません。

コメントを書き込む

トラックバック数 0