PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星

2019年08月31日
2
1
アクション・SF・歴史・パニック
n_603albd9110rpl.jpg
【概略】
時は近未来。温暖化による氷河の融解の影響で、地表の98%が海に覆われていた。僅かな生存者たちは、海上に建てられた基地や船の上でなんとか生きながらえていた。もはや、地球の支配者は人類ではなかった。今、生態系の頂点に立っているのは獰猛な鮫であった。そして、さらなる水温の上昇で海中は食糧不足に陥り、空腹となった鮫は人間を狙い始めていた。さらに鮫たちは群れをなし統制のとれた行動をとるようになる。それは、大群を統率する鮫が存在しているとしか思えなかった…。
パニック

.0★★★☆☆
人類か。鮫か。
ウォーターワールドじゃん。と最初思いました。海にぷかぷか浮いている都市。
「シェルターに逃げろ!」っていうか樽だよねそれ、シェルター違うよね。
シェルターに隠れた少女が生き残って助けられるんだけど、ジャンクシティは壊滅。他にサルベイション(400人↑くらいの街)、海洋研究所(ロケットを作ってる)なども出てくる。この少女がなにか鍵を握っているのかなと思ったらそうではなく。
どうやらここのサメは飛ぶ(ジャンプするという意味)。海が増えて餌が増えたけれど、年月が経ち海の生き物が少なくなったため、今度は海の上=陸上の人間を餌にするに違いない、って事でした。
種類が別々の鮫の大群が、一匹の巨大鮫に率いられてジャンクシティを襲ったことがわかり、対処しようとするんだけれど、サルベイションの女ボスが原始的な音を出しながら戦ダンスして鮫を殺すも当然やられる(笑)
利己的な生物のサメが群れることはあり得ない。母鮫は電場を利用して、ある意味電磁パルスで他の鮫を操っている…と思われた。「これは雌の鮫による鮫の軍隊だわ!」
正直ショー博士の計画は、何言ってるのか、劇中でも言われてたけど私もよくわからなかったです(笑)
要は火山を活発にしてそこに鮫をおびき寄せるってことでしょ?計画は一応成功。
浄化装置が入っているロケットの点火に鮫の電力を使う…というアイデアも面白いと思う。
時間(6か月くらい)はかかったけど、海水がだいぶ減っていたラスト。それにしても研究所の人たち含めみんな若くない?老人とかいないんだけど。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 2

まだコメントはありません。

fjk78dead  

ただただ寝た事しか覚えてないずら。

2019/09/03 (Tue) 23:52
maki

maki  

>fjk78deadさん こちらにもありがとう。

ふじきさん疲れてたんすね。
映画館では寝ると損する気がして、つまんなくても眠れないです…
家でみるときは、つまんないのを観た後は眠くなるです

2019/09/04 (Wed) 09:03

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ▲ぴょんぴょん鮫 五つ星評価で【★アサイラムの空気感の前に睡魔圧勝】 特集企画「未体験ゾーンの映画たち2017」の一本。納得のアサイラム・クオリティー。 いやあ、よく寝た。 以上。 【銭】 特集料金1300円均一。 ▼作品詳細などはこちらでいいかな ・PLANET OF THE SHARKS 鮫の惑星@ぴあ映画生活 PS 鮫が凄く事務的。  「鮫の惑星」と言うだけに数はいっぱい出てく...

    2019.09.03 (Tue) 23:52 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章