updated date : 2019/08/26
category - アクション・SF・歴史・パニック COM(0) TB(0

シャーク・ショック

n_610tsdr71331rpl.jpg
【概略】
低所得者用住居エリアの不動産オーナー・デコナーは、家賃滞納を繰り返す住民に貸すよりもっと有効な土地利用を考えていた。そしてついに、自然災害に見せかけて手っ取り早く住民たちを立ち退かそうと、堤防の破壊計画を部下に命じる。爆破は成功する。突然の大洪水により家々は流され、生き残った者たちは屋根の上で救助を求めていた。最悪なことに、大量の水とともに巨大サメまでもが洪水エリアに流れ込んできた。しかもそのサメは大洪水のさなか極度に帯電、自分の周りに高電圧帯を作り上げ、デンキウナギならぬデンキザメと化していたのだ!
パニック

.0★★★☆☆
「シン・ジョーズ」の監督さんらしいので借りてみました。
何というちゃちさであろうか。もっと愛されても良いかもしれない努力のあとがみえる。
期待値を大幅に下げてみるといいです。主人公は冴えないオッサンだし。
冒頭の巻き戻し効果とそこからの登場人物紹介的ストーリー展開、…でも、正直トレーラーハウスで生活している彼らは気のいい連中とは言えない。そんな時、悪徳オーナーが堤防を破壊し、トレイラーパークは流されてしまう。一方、独自に電気を通そうと(勝手に)画策していた主人公たちに襲いかかってきたのはサメだった。主人公は「ジョーズ2」をパクって、サメを電流で焼き殺そうとするが、逆にサメが電気の力を得てしまう、という話。
おバカっぽい「筋肉をつかって!」とか「人殺しは自分でするもんだ」「ジョン・ウェインを超えた、イーストウッドも!」などのある種の名言が笑えました。
CGはちゃちいけど、サメのお食事も、なかなか豪快です。
それに、「シャークネード」シリーズのエイプリル役タラ・リードも出演していて、「竜巻に乗ってきたの?」なんて言っちゃうし更にはチェーンソーでサメと対決というサービスもぶっこんできます。食べられちゃうけどね☆
最終的にはデコナー本人がやってくるんだけども、よくよく考えたら洪水を起こした後に生き残った人物って、そんなにいないし、最初の登場人物紹介ってあんまり意味なかったかも^;
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 0

まだコメントはありません。

コメントを書き込む

トラックバック数 0