メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

アダムス・ファミリー

2018/01/20  10:01
0
0
n_612mgbr56379rpl.jpg
【概略】
城のような館に住むお化けたち、アダムス・ファミリー。そこへ長い間行方不明だった当主ゴメズの兄、フェスターが帰ってきた。大喜びする一家。だがそれは、アダムス一家のばく大な財産を狙う、悪玉たちのワナだった…。
コメディ



.0★★★★★
この一家大好き!初めて見たのは小学生の頃かな?

不気味でゴシック漂う雰囲気の、とにかく一家のメンバーが強烈だった。あとやはりあのテーマソングもね(笑)
フェンシング好きの陽気でダンディな父ゴメスと妖艶な魔女のような母モーティシアの熱烈な愛、無表情の陰気な娘ウェンズデーと弟バグズリーの陰湿な悪戯、魔女そのものの祖母、フランケンシュタインのような執事と、そしてペットが生きた手首ハンドくん。

ハンド君昔欲しかったなぁ…ウェンズデー役はクリスティーナ・リッチで彼女はこの作品がまさに当たり役だったよね。この作品で彼女のファンになりました。可愛い。

ホラーというよりはファミリーもの。この一家の特徴はとにかく不幸で不気味で残酷で不愉快なことが好きなこと。いたるところにブラックなひねった台詞や面白いシーンがあります。ウェンズデーが吸血鬼のように手を交差して眠る姿とかもツボだー。

この一作目は、父ゴメスの行方不明の兄フェスターそっくりの悪役の息子を使ったアダムス家の金を乗っ取ろうという画策と、兄が帰ってきたと信じる一家のドタバタ。実際には本当に記憶を失ったフェスターだったというオチなんですが。

「じたばたしないで子供じゃないんだから」と弟にむけて弓発射の娘、生きた虎の毛皮、弟と遊ぼうとする娘にナイフの代わりに大ナタを渡す母親、子供達に死体や殺害方法や攻撃手段のあれこれを教える叔父。

最初は疑われている事に混乱するゴードンは、子供達と遊ぶうちに次第にアダムス家に馴染んでいきます(だって実は本物のフェスターだもの!)本当は学芸会の日に手引きするはずが、子供達の学芸会にやっぱりきちゃうんだよね、すっかり仲良しになっちゃうの。なんだかハートフルです。

その学芸会では姉弟は決闘のシーンをすることになってて、ままごとチックなのかと思えばスパッと切れた腕の部分からは血糊がブシーーーーー!!観客唖然!姉は弟の腕を切り落とす、また血がブシーーー!血だらけの観客!ブラヴォーと大喜びの一家。好きだなあ(笑)

パーティで一家伝統のマムーシュカを踊れることもあって、もう本物の兄確定状態なんですけどね(笑)だけど弁護士と悪側の罠にかかってゴメス一家は全財産を奪われてしまうんです。すんなり金が手に入るだろうと思いきや屋敷には色々罠がしかけてあって悪側も四苦八苦。そんな中、一家の窮状にフェスターに一人で会いに来たモーティシアは捕まり悦んで拷問されてるんだけど(笑)ハンド君がそれを一家に伝えてパパは華麗に救出に!

昔この夫妻の愛し合う様子に憧れたなあ。なんせダンディ&セクシーなんだよね。毛むくじゃらの友達もいいよねー。なぜか悪役弁護士の妻とロマンスに発展するのも可笑しい。

大団円のエンディングまで、なんだかほほえましくてこの家族が大好きになっちゃうんだよね。勿論ラストはパパママの熱烈キスシーンですよ!
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿