updated date : 2019/08/16
category - アクション・SF・歴史・パニック COM(2) TB(0

シャークネード エクストリーム・ミッション

n_603albsd1938pl.jpg
【概略】
LA・NYと二度に渡りアメリカを襲った未曾有の天変地異‘シャークネード’。三たび現れたのは、過去を凌ぐ最大級の猛威だった…。
パニック

.0★★★☆☆
3作目。トルネードと共に、サメが降ってくる。そこにチェーンソーみたいな馬鹿馬鹿しい作品なのですが、そこが魅力でもあります。
ついに宇宙に…(笑)いつでも想像の斜め上を行くこのシリーズ、宇宙にまでサメが追ってくるとか、もう笑うしかないでしょう。
多分これ作ってるスタッフが一番楽しいでしょうね。日本だとサメって発想あまりないけど、アメリカって海にサメ率高いの?って気になるくらいサメ映画好きだよね。
エイプリルは妊娠し、ノヴァは友人とサメ退治をして回っていた。
スペースシャトルがインデペンデンス号って名前なのは笑った。フィンの父親はNASAの宇宙飛行士。フィンの父親は永遠に戻れないと知りつつ宇宙で船外活動して笑顔なところが豪快でいいですね。
宇宙サメに食べられたエイプリルとフィンは、燃えながら落ちていくサメと一緒に地球へ。エイプリルはサメの中で出産、息子ギルが産まれる。サメの中から出てくる胎児。家族とノヴァが駆け寄り、無事を確認しあうんだけど…ラストにはなんと「これを産まれてくるお前の子に」と言っていたフィンの父親の形見を取りに行ったエイプリルの頭上に…。あららら?(…と言いつつこの後の展開も知ってるだけに笑える)
やっぱりフィンの行くところシャークネードの気配ありってのが当たってる気がするなあ。
センパパラトス(常に備えあり)!
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
宵乃 → これがシリーズで一番好きです

やっぱり「サメが宇宙へ!」ってのがバカバカしさ最高潮って感じでいいですよね。
毎回、登場人物がサメから出てくる様式美。真剣にバカをやる姿勢が大好きです。

>多分これ作ってるスタッフが一番楽しいでしょうね。

このシリーズのメイキング映像とかあったら、みんな学生の頃のノリを思い出しそうです(笑)
このシリーズが終わってもはっちゃけた映画を撮ってほしいですね~。

2019/08/17 (Sat) 08:31 | 編集 | 返信 |   
maki → >宵乃さん こんばんは。

ほんと馬鹿馬鹿しいです(笑)
でも面白いですよね、このシリーズ。
同じスタッフさんたちで、サメ以外の映画作っても面白いですよね
蟻とか…ワニとか。

父親は宇宙にとりのこされてるんだけど、それもそんなに悲哀性がなく、
むしろGJ父ちゃん!って思ってしまうんだから不思議です

2019/08/18 (Sun) 03:05 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 0