バンブルビー

2019年08月13日
4
3
アクション・SF・歴史・パニック
n_605pjbr1490rpl.jpg
【概略】
父親を亡くした思春期の少女チャーリーは、廃品置き場で廃車寸前の黄色い車を見つける。自宅に乗って帰ったところ、その車が突如、変形《トランスフォーム》してしまう。驚くチャーリーを前に、逃げ惑う黄色の生命体。しかし、似たもの同士のふたりは急速に距離を縮める。チャーリーは‘何か’に怯える黄色の生命体に「バンブルビー(黄色い蜂)」と名前をつけて、かくまうことに。ボロボロに傷ついたバンブルビーと、心に傷を抱えたチャーリー。思いがけない友情が芽生える。しかし、バンブルビーを追うアメリカ軍、そして宇宙からも敵であるディセプティコンが迫っていた!
SFアクション

.0★★★☆☆
本家「トランスフォーマー」にはもう飽きが来ていてこれもそうかな…と恐る恐る借りて見た。
青春映画でもあるけれども、やはりトランスフォーマーのエピソード0でもある。
冒頭からサイバトロン星でディセプティコンらと戦うオプティマスたち。もともとオプティマスがビーに地球で拠点を作れという命令をしていたのだね。
なんかビーが若くて少年みたいで可愛いと思ったら、直後に発声機能をやられたのよね。ついでに記憶も無くす。
その間、チャーリーと仲良くなって、バンブルビーという名前ももらう。嫌いな曲のテープを勢いよく吐き出すところ可愛かったね。
記憶は結局取り戻すのだけど、追ってきたディセプティコン2体がオプティマスらが地球にやってくる事を、宇宙に送信しようとしているのを阻止しようとする話でした。エピソード0なだけに、本家のような激しすぎるアクションや物語性はそんなになく、チャーリーと家族の絆も描いていて、爽やか味のある作品でした。
そしてなるほど、高飛び込みの選手だったって伏線が後半で活きるわけですね。
チャーリーと、チャーリーの事が好きな男の子の仲が一気に進展しないところ好き。ラストの別れも結構あっさりしていてそこも良かったかな。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 4

まだコメントはありません。

fjk78dead  

本家本筋のトランスフォーマーから見ると大変薄いんですが、その薄さが私のような素人にはちょうどいいっす。もう本家本筋のカルピスの原液であるにとどまらず、アボカドとトマトと炭酸も加えておいたから、みたいな奴は楽しく飲めないっすよ。

2019/08/14 (Wed) 10:35

ヒロ之  

こんにちは!

最近のトランスフォーマーがあれなんで、全く期待せずに観たんですけども、本家みたくロボがごちゃごちゃしていなくて凄く観易かったのもあってか、面白く思えました。
本家もこれくらいシンプルな話にしてくれればいいのに。
ドジなバンブルビーなので、ちょこちょこお笑いに走る部分も可愛さがあって好印象でした。

2019/08/14 (Wed) 10:46
maki

maki  

>fjk78deadさん こんばんは。

うん、そうですよね
本家トランスフォーマーならもっとガッチャガチャしてるのに動きはスムーズで
いかにもゴツゴツ大作感だったりもするんですが、これは薄味。
あくまでビーが少女と交流するだけの話というか、
戦っててもあまりゴチャゴチャしてる感じもしなかったです。

>カルピスの原液
ここのくだりはいい得てる気がする(笑)

2019/08/14 (Wed) 20:55
maki

maki  

>ヒロ之さん こんばんは。

ビーの可愛さが爆発してましたねー
ふじきさんのたとえが面白かったです。
カルピスの原液であるにとどまらず、アボカドとトマトと炭酸も加えておいたから(本家トランスフォーマー)
こちらは「いろはす(みかん)」て感じかと(笑)
垂れ下がる顔の部分がいい味だしてましたー

2019/08/14 (Wed) 20:58

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ディセプティコンとの戦いに敗れ、オートボットたちの新たな拠点づくりをオプティマスから託され、サイバトロン星を脱し地球へとやってきたB-127。だが追手の襲撃を受け、発声機能と記憶を失う。1987年、最愛の父を亡くした18歳のチャーリーは、その痛手が癒えずに家族や周囲の人とも打ち解けられず、孤独な毎日を送っていた。そんな時に近所のジャンク屋でオンボロの黄色いビートルを見つけ、無理を言って譲り受...

    2019.08.13 (Tue) 22:08 | 【徒然なるままに・・・】
  • 父親を亡くした18歳の少女チャーリーは、廃品置き場で、廃車寸前の黄色い車を見つける。 自宅に乗って帰ると、その車は突如、変形《トランスフォーム》してしまった。 チャーリーは記憶と声を失い“何か”に怯えるその黄色の生命体に「バンブルビー(黄色い蜂)」と名前をつけ、かくまうことに…。 SFアクション。

    2019.08.17 (Sat) 09:59 | 象のロケット
  • いつも思っていることであるが、子供向けと子供騙しとは違うものである。そして両者には大きな隔たりがある。私は子供向けの作品は嫌いではないが、子供騙しの作品には全く鼻白んでしまう。選んで観る自分が悪いのだが、観なきゃ良かった、と思う作品の種類の中では、子供騙しであると認定する作品が結構な数を占めるような気がしている。本作は言うまでもなく「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフである。「トランス...

    2019.08.23 (Fri) 12:41 | ここなつ映画レビュー