メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ライオン・キング(ディズニー超実写版)

2019/08/10  21:36
0
5
D40qPRRUEAEJPNBlarge.jpg
【概略】
アフリカの広大なサバンナ。夜明けが告げるのは、この地<プライド・ランド>の新たなる未来の王の誕生だ。あらゆる動物たちが、子ライオン・シンバの誕生を祝うために<プライドロック>に集まってくる。しかし一人だけ未来の王の誕生を快く思わない者がいた…。
CG

.0★★★★★
映画館鑑賞。字幕。
「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、超美麗フルCGで新たに映画化。
サバンナで動物たちの王であるライオンのムファサの子として生まれたシンバは、いつか父のような偉大な王になることを夢見ながら成長するが、叔父スカーの策略によって父の命を奪われ、シンバ自身もサバンナを追われてしまう…。
キング・オブ・エンターテイメントとか超実写版とか、なんだそれ!な感じでしたが、フルCGがもはや本物にしかみえないレベルで映像が凄すぎた。より美しくより壮大に。なるほど、超実写版だ…!
ライオン・キングは私が一番好きなディズニーのアニメで、スカーもムファサも、勿論シンバも大好き(ペットの名前にシンバとつけるくらいには)。劇団四季版も勿論見てる。
私の胸に強く強く迫ってくるものが、冒頭のサークル・オブ・ライフのシンバお目見えシーンですでにあふれかえり、涙してしまった。これに続いて、名シーンや見どころや楽曲のところなど、涙に次ぐ涙…!何度泣いたんだ、私。心震えまくった…!アニメ版でも泣くのに、これモッフモフだからね…!
アニメでもある、食事(虫)のシーンはリアルすぎた。新曲「スピリット」は微妙だった。でもほとんどあれじゃない、アニメに忠実…!ライオン・キングが大好きすぎて、変えないでええええええ、というのがあまりなかった。
え、感想ですか?そりゃもう尊かったよ…!最高だったよ…!「シンバ…!(ムファサ)」を家に帰ってから5歳甥っ子に声かけまくるくらいに、うざい大人に変身した。
スカーの曲もダークな感じがより出ていて良かったな…!
あと、リプライス(水に映った自分を見たシンバが「ムファサはお前の中にいる」と言われ、夜空をみてムファサの声で自分を取り戻すシーン)が大好きなんですがここも良かったな…!
でもね、でも、アニメでもずーっと思っててあえて口にしなかったことなんだけど、虫を主食としてて、ライオンの雄として逞しく成長できるの…?(言っちゃった!)まあ確かにムファサ王と比べると、細身の体形なんですが。
どうしても字幕で鑑賞したかったので、人が物凄い札幌駅内にて鑑賞。ワンピース班もいるし夏休みだし、身動き出来ないくらい人は凄かった(人混み苦手)。字幕を鑑賞したことで、今度は吹き替えで鑑賞も出来る。吹き替えしかないわりかしすいてる方の小樽の映画館にいけるので、今度は吹き替えで見る!
ひとつだけ!ひとつだけ残念なのはスカ―の容貌。これだけはあの大人の色気ムンムン(笑)のアニメ版には及ばない。格好いいけどね。アニメ版はほんとけだるそうなところが格好いい。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

ライオン・キング・・・・・評価額1700円 - ノラネコの呑んで観るシネマ

ノブレス・オブリージュの目覚め。 アフリカの大地に生まれたライオンの子が、運命と戦いながら遂に王となるまでを描き、アニメーション映画史上、空前の大ヒット作となった「ライオン・キング」の四半世紀ぶりとなるリメイク。 この時代のディズニー作品としては珍しい、完全オリジナルのストーリーは今見ても全く古びていないが、一連の実写リメイクと一緒にするのは間違いだ。 ディズニーの宣伝部に言わせると、これ...

ライオン・キング - 象のロケット

サバンナの王国プライドランド。 この地の王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。 だが、ある“悲劇”によって父ムファサを失い、シンバは王国を追放されてしまう。 新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく…。 人気アニメCG版。

ライオン・キング - 映画に夢中

アフリカの雄大な自然を背景にライオンの王子シンバの成長と冒険を描いたディズニー・アニメの名作「ライオン・キング」を、「ジャングル・ブック」のジョン・ファブロー監督が、フルCGで新たに映画化。シンバの声を、グラミー賞を受賞したラッパーとしても活躍するドナルド・グローバーが担当し、ジンバの幼なじみナラ役をビヨンセが担当。2人が新たに歌唱に参加した、エルトン・ジョンによる「愛を感じて」ほか、「サー...

『ライオン・キング』(2019) - 【徒然なるままに・・・】

ディズニーアニメの実写化路線は相変わらず好調のようで、この作品は早くも「美女と野獣」越えだとか。今年だけでも「ダンボ」や「アラジン」に続く3作目で、この後も「マレフィセント2」や「ムーラン」、「ピーターパン」、「リトル・マーメイド」、「101匹わんちゃん」…と企画は目白押しだけど、こうも連発してしまうと数年でネタギレ状態になるんじゃないかと心配。まあディズニーにすれば大きなお世話かもしれない...

映画「ライオン・キング(2D・日本語字幕版と日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし - ディレクターの目線blog@FC2

映画『ライオン・キング(2D・日本語字幕版と日本語吹替版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。 因みに、1994年に公開されたディズニーによる長編アニメーション映画『ライオン・キング』は劇場鑑賞済みであり、ブルーレイ版も所有しており、今作が初見ではない。 採点は、「日本語字幕版」が、★★★★☆☆(最高5つ星で、4つにギリギリ引っ掛かった感じ)で、100点満点なら 70点。 「日本語吹替版...