updated date : 2019/08/02
category - アクション・SF・歴史・パニック COM(2) TB(2

アイアムアヒーロー

n_645eybf61100rpl.jpg
【概略】
漫画家アシスタントとして最低な日々を送る35歳の鈴木英雄。ある日、徹夜仕事から帰宅した英雄は、異形の姿に変貌した恋人に襲われかける。辛くも逃げ出した英雄は、同じように異形の者が人々を次々と襲い、襲われた人間もまた異形の者へと変貌していくさまを目の当たりにする。やがてそれは‘ZQN(ゾキュン)’と呼ばれ、謎の感染パニックが日本中で起きていることが分かってくる…。
パニック

.0★★★★☆
ようこそ絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ!
長澤まさみと有村架純のヒロインズが、可愛い。特に半分ZQNの有村架純の比呂美ちゃんね。
あとZQN…ゾンビ的なやつ…の特殊メイクというかヴィジュアルがなかなかよく出来てるんだけど、たまに出来てないやつがある(笑)。
邦画のアクション映画が微妙に感じるのは、現実味の無さなんでしょうネ。その現実味の無さをむしろSFとした作品もあるけれど、やはり基本的に日本人が銃を手に~とかなんか違和感あるし。一応主人公猟銃許可証もってる設定なんだけど。
モールに結果的に逃げこむのとか、新鮮味はないもののゾンビ映画ってこうだよね、な感じを邦画で味わえました。これ凄い事だよ褒めてるんだよ。
あ、原作漫画は読んでません。高跳び選手?のボス感も良かった。頭グシャってなってるのも飛ぶのも不気味感あり。
後半の英雄が「残り96発…」と立ち上がるところ良かったよね(ここの銃撃ちっぱの英雄がすごくかっこいい!)。それまでは「英雄と書いてひでおです」と言っていたのを、「ただの、ひでお」というところも。
終わり方とか中途半端だけど、ひでおが「英雄」になる話なのだから、これでいいのだとも思う。
まあ比呂美ちゃんの謎とかはとけてないんですけど。
続きが気になる人は漫画読め!ってことですかね。
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
fjk78dead → No title

長澤まさみ頑張ってるなあ。
最近、有村架純がちょっと疲れてる感じ。

2019/08/10 (Sat) 01:16 | 編集 | 返信 |   
maki → >fjk78deadさん こんばんは。

朝ドラのひよっこは見ていたのですが、
ひよっこ2はみていません。
そういわれれば、架純ちゃん最近見てないような印象

2019/08/10 (Sat) 21:56 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 2

  • アイアムアヒーロー
  • 35歳の漫画家アシスタント鈴木英雄がアパートに帰ると、そこには「異形」の彼女がいた。 一瞬にして現実の世界は崩壊し、姿を変えて行く。  謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体ZQN(ゾキュン)で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥った。 標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かった英雄は、女子高生・比呂美や元看護師・ヤブらと出会う…。 サバイバル・アクション。
  • 2019.08.06 (Tue) 10:16 | 象のロケット
  • 『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★
  • ▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよりまさみと架純がグーすぎる】 原作マンガ未読。 各人が映画に求める物はそれぞれ異なると思うが、 この映画公開後、観客からもっとも評判を呼んでいるのは、 ZQN(ゾキュン)と呼ばれる人喰い感染者達への容赦ない虐殺具合である。 それ...
  • 2019.08.09 (Fri) 23:40 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章