メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

GODZILLA 星を喰う者

2019/07/29  20:59
0
2
n_620tdv29073rapl.jpg
【概略】
武装要塞都市「メカゴジラシティ」を起動させてゴジラ・アースに挑んだハルオたちだったが、その過程でガルグやベルベらビサイルドたちと人間たちとの間に亀裂が生じる。また、ハルオはゴジラ・アースに勝てる唯一のチャンスを捨ててしまい、かつてない敗北感に襲われる。その一方で、エクシフの大司教メトフィエスは、ある秘めた目的のため信者を増やしていた。やがてゴジラ・アースに太刀打ちできるものがいなくなった地球に、金色の閃光をまとった「ギドラ」が降臨する―。
アニメーション

.0★★☆☆☆
ハルオ=英雄にはならないよねえ…。
高次元生命体のギドラを召喚してみんなで捕食されようというエクシフ星人の宗教が、結局は、集団自死と変わらないカルト的な集団思考でした。メトフィエスが全てお膳立てしてた。
それにしたってパニックになっているとはいえ、「神に祈る」だけで勝てるとか思ってる人々相当気持ち悪い。
原住民少女マイナとハルオが契ったシーンの後(てか…この展開…)まんまと妊娠してましたね…。命を繋ぐ、というのはわかるけど、なんか…なんか嫌だな。
ラストは半分ナノメタルに侵され脳死状態のユウコを抱き、ゴジラに特攻するハルオ。お前に憎しみをもって挑む最後の一人がこの俺だ!と言いつつ、まるでそれが幸せであるかのように微笑むハルオの姿。
てか…てか…ゴジラを倒すがメインストーリーだった気がするはずなのに、なにこれ?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

『GODZILLA/星を喰う者』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

アニメ版「GODZILLA」三部作の完結編。遠い未来の地球を舞台に、実写では描き得ない、アニメーションならではの表現手法で生まれ変わった「ゴジラ」、というような期待も抱いてはいたものの、結局のところ「ゴジラ」でこういう物語をやらなくても良かったのではないか、という居心地の悪さを覚えただけだった。この三作目では人類はゴジラと対峙しない。前作前々作で執拗にゴジラに挑んだものの完膚なきまでに叩き潰...

GODZILLA 星を喰う者 - 象のロケット

宗教種族エクシフの大司教メトフィエスは、ハルオが戦いに生き延びたことは“奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。 そんなメトフィエスを警戒するミアナとマイナ。 そしてハルオは、自らが“人”として何を為すべきかを自問する。 やがて、地上の覇者となった究極の生命<ゴジラ・アース>と、金色の閃光を纏った高次元怪獣<ギドラ>が相まみえることに…。 アニゴジ全三部作最終章。