updated date : 2019/07/15
category - ホラー COM(0) TB(0

黒人魚

n_626if190920rpl.jpg
【概略】
湖畔にある別荘に友人たちと静養にやって来たローマ。深夜、一人で湖で泳いでいると謎の女に出会う。その女に遭って以来、恐ろしい幻影に襲われ、日ごと体力が衰えていく。婚約者のマリーナもローマと共に幻影に悩まされるようになる。湖で泳いで以来、ローマの異変を感じていたマリーナは湖に向い、かって、この湖で起きた女の入水自殺を知る。自殺の原因を解明するごとに、女の想像を絶する恐ろしい逆襲が始まる!
ホラー

.5★★★☆☆
ジャケの画像「溺愛してあげる!」に惹かれました。タイトル人魚だし。
ロシア映画も、数年前と違ってかなり腕上がってきてるよね。エンタメ作品…SFとかホラーとかも。
少女に会ってから疎遠になった父親を訪ねると、20年前のことを話してもらえて、ああ冒頭の男女がそうだったのねと。少女に絶対答えてはいけない。引きずり込まれるぞ…。
友達イリヤがなんだかんだ言い奴。湖の中で引きずり込まれそうになるものの、リーザ・グリゴリエヴァという名前の石碑を見つける…。
ローマの姉が超冷静にこの状況を分析してた。なんか知ってる様子バンバンだったよね。自死したから墓場ではなくこんな辺境に墓碑があるのよ。とか。
謎の少女に蹴りを入れるヒロイン素敵ね。マリーナはローマの母親がやっていたという儀式を行う。
恋人に裏切られた少女の呪いという感じかな。でもこれ「あなたの愛する人みんな連れて行く」というゴリゴリ呪いで、イリヤも犠牲になり水の中に連れていかれた。車で逃げる途中、車内にだけ水があふれて出られないみたいなのは良かったよね。
そもそも多分この一族の男性に裏切られ(ローマそっくり。リーザを裏切って他の女と結婚した)、だからこの一家の男に憑いて回るって事なのかな?
姉は「花嫁と引き換えに弟を返して」と命を犠牲にマリーナを少女に渡そうとしするも、父親が別の手を探そうとしたとたんに、クリーチャーのようになった少女が襲ってくる。鋭い牙を持つ人ならざるもの。「力は髪に宿ってる」髪は女の命ともいいますからねえ。
泳げないマリーナは湖に飛び込み、リーザの髪を切るものの、あまり深くは切れなかった。ローマのもとで「私を愛してる?」憑依されてたマリーナの髪の毛をローマが抱きしめながらざっくり切ると、リーザは湖に落ちていった…。
ラストの自分の髪の毛をすいている隣のマリーナをみるローマの複雑な表情は、いいですね。
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 0

まだコメントはありません。

コメントを書き込む

トラックバック数 0