来る

2019年07月08日
6
4
ホラー
n_620tdv29154dpl.jpg
【概略】
恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり…。
ホラー

.5★★★☆☆
一見イクメンで育児ブログも更新してる田原秀樹。でもなんかわざとらしいんだよな。気持ち悪い。そう思っていたら、やっぱり典型的な育児放棄じゃないか。
2年後、1年後、3日後、2時間後、だんだん近づいてくる時の経過が恐怖を煽ります。
「しっかりしろよ、あんた母親なんだろ!」原作知らずですが、子供を結果的に虐待する親、育児放棄などを背景にして、過剰すぎる登場人物たちの負の背景を映し出していく…。最後なんて、オムライスの国ですからね。ぜーんぶオムライス♪
田原夫妻を演じた妻夫木聡と黒木華のリアルさが気持ち悪いほど気味が悪かったなあ。とくに、妻夫木聡の軽薄な笑顔の作り方、イライラしちゃった(褒め)。
メインの登場人物が内面を暴きだされ、闇堕ちしていく撮り方は混沌としていて、でも不思議とリアル感もあり、最終的には霊能力者たちが少女の寂しさからうまれた「あれ(ぼぎわん)」を、祓おうとするも…という、トンデモ展開へと変わる。
柴田理恵さんと松たか子さんが存在感良かったよね。特に松さんの頼もしさが半端ないです。
結局ぼぎわんって…という部分は多分映画的に少しぼかされていたのだろうけれど、おそらく親から口減らしによって殺された子供たちの事なんだろうね。
この作品って、怖いとか怖くないが重要では全くなくて、何が来るかとかそんなのもどうでもよくて、日常生活に潜む人間の心の闇に対する嫌悪感がうわぁ…ってなり、それを撮るのが上手くて面白いのだと思う。そう、全く怖くないんだけど、私は結構面白いと思った。やっぱり人間が一番怖いよ。そして、特に純粋無垢な子供が一番不気味なんだよね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 6

まだコメントはありません。

fjk78dead  

これ、おもろい。
ホラーとして、と言うよりも、除霊の部分が見世物としてとってもエンタメで撮られてるからだ。

2019/07/09 (Tue) 23:58
maki

maki  

>fjk78deadさん こんにちは。

面白かったですよねー
そうそう、おっしゃるとおり、後半の部分が
キャッチコピー通りちゃんと「エンタメ」してました
ホラーとしてみるとなんじゃこりゃ?になるのかもしれませんが、
ジャンルなんて、別に面白きゃなんでもいいと思いますし
松さん演じる琴子が足を進めると、血がすぅっとひくのもよかった。

2019/07/11 (Thu) 16:27

ヒロ之  

こんばんは!

コメントありがとうございました。
理想的なイクメンと言われながら実はブログ依存症なだけだったという、はらわた煮えくりかえる父親像、母みたいにはなりたくないとか言いながら同じ様な道を辿りだす妻、と子供好きな私からしたらムカつく中盤までの流れを、終盤で起きるお祓いエンタメが曇った気持ちを綺麗に洗い流してくれました。
松たか子の登場、これが一番気分高まりましたねえ。
勿論、柴田理恵さんの存在感も抜群でしたが、松たか子から放たれる霊媒師としてのオーラ感が半端なかったです。

2019/07/15 (Mon) 21:04
maki

maki  

>ヒロ之さん こんばんは。

そうなんですよねえ。してもいないことも、理想的なイクメンとして綴っていたところが大いにありましたし。
確かにブログって依存しがちなんだよなあ…とも思えるところが、ある意味でも現実的で、いるんだろうなあこんな父親、というのが、凄く胸に迫りましたね。
松さんの霊媒師オーラ凄かったですよね。半端なかった!
一見、棒読みのような台詞回しなんですが、冷静沈着という性質を上手く表現していたと思います
多分もっと違う若手の女優さんなんかだと、祝詞を読むところとかパワーを感じずに、
本当に棒読み台詞に聞こえちゃうんだろうなあと思うし。
柴田理恵さんも、良かったですよね!

2019/07/15 (Mon) 21:38

ボー  

オムライス

子どもが欲しがったら要注意。
オムライスをつくってやらないとマズイことに…
ケチャップは血の色…ふふふ…きゃー

2019/10/22 (Tue) 12:45
maki

maki  

>ボーさん こんにちは。

オームラッイスのくっにっに~
いってみたーーいなー
おーもちゃもせんせっいも
み~んな オムライスッ

怖…

2019/10/25 (Fri) 16:06

Trackbacks 4

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • ▲白無垢っぽい松たか子の除霊姿。 カレー饂飩とかミートソース・スパゲッティとか食べちゃダメな衣装。 五つ星評価で【★★★★お祓いエンタティーメント】 とても面白かった。でも、怖くはなかった。何でだろうという事を書きたい。 登場人物が魅力的である。 特に松たか子演じる「日本最強霊媒師」が来た来た来た感いっぱい。 ああ普通でないと怪異に立ち向かえないという感じが色濃い。 松たか子の近くにいて、...

    2019.07.09 (Tue) 23:56 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
  • ◆『クリード 炎の宿敵』トーホーシネマズ日本橋6 ▲人間核弾頭的な立ち方をしてるドルフと、きんどーさん的な立ち方をしてるスタローン。 五つ星評価で【★★★★ミスターTの息子の出番はないのか】 普通に全然面白い。クリードはスタローンさんと違ってアクの強い顔じゃないので、勝負や人生に対する挫折などはまだまだ小さいのだが、そこにスタローンやドルフの顔が入ってくることで、話の重さや親身さが増す。...

    2019.07.09 (Tue) 23:57 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
  • オカルトライターの男・野崎のもとにやって来た相談者の男性・田原は、奇怪な現象に悩まされ妻子に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を開始するが、その「何か」の霊的攻撃はエスカレートし、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、大規模なお祓いが行われることに…。 ホラー。

    2019.07.11 (Thu) 10:49 | 象のロケット
  • 来た

    2019.10.21 (Mon) 21:35 | 或る日の出来事