メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

2019/06/16  15:29
2
5
n_6161000741394rpl.jpg
【概略】
アメリカからイギリスに戻ってきたニュートは、アメリカ合衆国魔法議会が捕らえた強大な魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。恩師のダンブルドアから特命を受け、パリに向かったニュートは、仲間の魔法生物たちとともにグリンデルバルドの行方を追う。
ファンタジー

.0★★★☆☆
一作目は合わなかったんだけど、今回は暗い話というか、ハリポタ繋がり感が凄くあって、次作に向けた準備段階な印象がありました。
ニュートののコミュ障ぷりは可愛いんだけどさ(ここは認める)、だからといって置いてきぼりとかでも眠かったわけでもないんだけど、
魔法生物の愛らしさを見せたいのか、ハリポタ過去話を見せたいのか、…まあ、どちらもなのか…。
ダンブルドアが弟アウレリウスの事で悔やんでいた事実が原作にあったので、ようやく本作を終えて話が進むのかな?といったところ。
まあとりあえず繋ぎ感が凄くあって(時間尺が長いとは感じなかったけど)魔法世界の爽快感みたいなのは皆無。
多分納得いかないのは、日本人だと河童のビジュアルでしょうね!妖怪ウォッチ的な。
前作よりはハリポタ裏話に近くて、ある意味一本道シンプルなおとなしめのお話でした。ただ、多くの方が言われているような、ジョニデのグリンデルバルドが良かった等は思わなかったなあ。あの演説のシーンだって、心惹かれるものなかったし。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/06/16 22:33

いやいや、ジョニデが脱走するとこまではよかった(冒頭やんけ)。
コメントアバター画像
maki 2019/06/18 21:59

>fjk78deadさん こんばんは。

脱走するシーンも、ああ入れ替わってたんだ。
てのも、囚人たちからは支持されてたんだ。
とかはわかるのですが、
えっそうなんだ、で終わってしまうシーンでございました。

コメントの投稿

トラックバック

『ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

** ネタバレ注意! **闇の魔法使いグリンデルバルドは案の定逃亡し、支持者を集めていた。ニュートはベストセラーになった著書を直接ティナに渡そうと渡航許可を求めるが、ニューヨークでの大騒動の一件を持ち出し、魔法省は許可を出さない。闇祓いであるニュートの兄テセウスに協力すれば、との条件を持ち出すが、それは実は生き延びていたクリーデンスの身柄を確保せよとのものだった。ニュートはそれを断る。その魔...

『くるみ割り人形と秘密の王国』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『華氏119』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

映画の日鑑賞3本をちゃっちゃっと手早く。 ◆『くるみ割り人形と秘密の王国』トーホーシネマズ六本木3 ▲新春隠し芸大会の英語劇みたいな衣装(予算は百倍くらい違いそうだが)。 五つ星評価で【★★★リアルじゃないけどまあ楽しい】 ・主役のマッケンジー・フォイちゃん可愛い。  ドレスも可愛いが、軍服みたいなのも萌える。 ・白人の彼女のおじさんがモーガン・フリーマンって、どない?  眼帯とかして...

『マスカレード・ホテル』『ミスター・ガラス』『映画刀剣乱舞』『FBと黒い魔法使いの誕生』『ドラゴンボール超ブロリー』東宝日本橋7,6,1,錦糸町12,12 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

◆『マスカレード・ホテル』トーホーシネマズ日本橋7 ▲キムタクの顔って定規で線引いて書いてるみたい。 五つ星評価で【★★★★こういう役者だらけ映画は好き】 おもろいけど明かされるトリックに比べれば上映時間が長目か。 どちらかと言うと殺人などのトリックよりも、刑事とホテルマンの目の付け所の違いや、ホテルというシステムその物の解明を作者が楽しんでいる節がある。なので観客としても、あるあるお客...

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 - 象のロケット

ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーは、捕らえられていた“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。 グリンデルバルドは魔法界と人間界の支配を企んでいた。 パリに向かったニュートだったが、悪の力が彼の仲間たちにまで及んでいく…。 冒険ファンタジー第2弾。

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」 - ここなつ映画レビュー

予め書いておかなければいけないのだが、本作は「ハリーポッター」シリーズのスピンオフである。これだけ情報が氾濫している今のご時世だから、んなこたぁ判ってますよ、と言われるのがオチかとは思うが、私はまさかここまで…とは思わなかったので。では前作の「ファンタスティック・ビースト」がハリポタのスピンオフの趣が強かったかというとそうでもない。で、前作については私はとても好きな作品であった。テイストもそ...