updated date : 2019/06/06
category - アニメ・CG・人形劇 COM(8) TB(2

グリンチ

n_605gnbr4730rpl.jpg
【概略】
グリンチが一番嫌いなもの、それは村中が幸せな気持ちに包まれるクリスマス。グリンチは、村の人たちが心待ちにしているクリスマスを盗んでやろうと、とんでもない計画を立ててしまう。一方、村に暮らす心優しい少女シンディ・ルーは、仕事や家事に忙しいお母さんを助けるために、サンタクロースにある願い事を叶えてもらおうとしていた。
アニメーション

.0★☆☆☆☆
こんなに眠いアニメーションもそうそうない。
主人公グリンチのキャラが中途半端で、悪になれない小悪党ですらない小心者。しかも状況説明まで入る始末。萎える。
本人にしては衝撃だったし、思い出したくない過去だったりもするんだろうけれど、クリスマスを憎む理由が薄い。薄すぎる。
結局、一人の少女のキラキラの瞳で改心(呆気なく)し、晩餐に招待されてスピーチもしちゃうというグリンチ。
私は終始つまらなすぎて「本当にこれ映画館で上映したのか?」とか「ミニオンの次はこれってマジか?」とかぶつぶつ呟いてしまったんだけど、4歳甥っ子の目にしたら、初回は「面白くない」という感想だったのだけど私が横でみていてそれを一緒になってちらちら見てて、グリンチが崖から盗んだクリスマスのものとともに落ちそうになったところで「あぶなーい!」って言ってたから、完全にお子様向けなのかもしれません。
ミニオンの次はグリンチ!?とか言われてたので、完全に騙された感というか、これを上映するならヒックとドラゴン3を上映してくれーと思ったとか思わなかったとか。
大人には耐え難いと思う。
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 8

まだコメントはありません。
 → 

グリンチが子供っぽいから、まだ良いですが、ジム・キャリー版の大人になっても、他人の幸せ嫌いでは困り者で、その嫉妬というのは個人に帰すものではなく、社会に対する嫉妬では無いでしょうか。クリスマスが特別な日である事を知っているから、世間への窓はオープンなのでしょうが、一種のオタクですね。子供なのか、老人なのか、分かりづらそうな御仁ですが、こういう人というのは、正論や親切をぶつけて来る人には、弱いし、待ちに入っていると思います。話し掛けてあげようか、無視しようか、悪戯心をくすぐられるタイプだと思います。

2019/06/07 (Fri) 00:15 | 編集 | 返信 |   
maki → >隆さん こんばんは。

思い出したくないジムキャリー版ですね(笑)
あれ、顔が酷かったなー…

本作では、冒頭のグリンチの性格が、若干「怪盗グルーの月泥棒」のときの
グルーに似ていたなと思います。
ただ!グルーは愛すべきキャラでしたが、こちらは全然そうはなりませんでした。
自分だけがクリスマスを楽しめなかった、という完全自己中心的な理由で
クリスマスを台無しにしてやろうという魂胆のグリンチでしたが、
ちょっと優しくされたらコロっと変わっちゃうのは、
まあよくいえばそのくらい愛情に飢えてたということでしょうが、
そのあたりが納得いく理由になっていないんですよね
単に卑屈になっていたのか、としか私は受け取れなかったです

2019/06/09 (Sun) 20:20 | 編集 | 返信 |   
ふじき78 → 

これ、もともと話のベースが「クリスマス・キャロル」だろうから、パロディとして見ると面白いというのはどうか?

2019/06/14 (Fri) 15:22 | 編集 | 返信 |   
maki → >ふじき78さん こちらにもありがとう。

>愛情に飢えてたということでしょうが、そのあたりが納得いく理由になっていない
上記のコメ返で私が書いた文ですが、
やはりクリスマスキャロルが元だとしても、
ここの描き方があまりにも乱暴というか簡単すぎたかなと思いました。
それまで優しさを与えられなかったわけでもなく
(なぜかグリンチと友達づらして親切にする
唯一の町の男性がクリスマスの大木をもってましたね)
本当はクリスマスに自分にもほんの少し優しさを分けて欲しかった…なんて、
あるある過ぎて、小さな子供しか反応しないように思います。
メッセージ性が単純すぎて、大人は鑑賞にきついかなと。

2019/06/14 (Fri) 16:00 | 編集 | 返信 |   
 → 

例えば、グリンチの同年代の子供達が、彼の事をどう思っているか、が気になります。
ジャケットからグリンチは子供である事と思われますが、学校に通っているならば、
彼の長所も短所も見えて居るはずで、それとも、子供にして世を僻むひきこもりで、
孤立しているのか、ですね。

家族は確かにセーフティネットではありますが、普段接していて、話が出来ない、
という事は、会話の相性が悪いとか、あると思いますし、違う世界や人間関係に
頼る必要もあると思います。つまり、家族では、外にある社会復帰の為に、
当人に強制出来ないし、相性によって話が出来るようになるなど、決定的な影響を
与える事は出来ない、と思います。精神的にも、グリンチは何歳なのでしょうか。

2019/06/14 (Fri) 20:01 | 編集 | 返信 |   
maki → >隆さん こんばんは。

その発想はないかな。
グリンチは成人した大人として見ていたので。
ラストでシャンパンを持っていた事などもそれを裏付けるような気もしますが、
実はシャンメリーだったりして(笑)
子供の頃の思い出の話が挿入されたりもしてたので、私は成人してると思っていました。

ほんと、グリンチはグリンチ以外同種の人間?が出てこないので、
グリンチだけが特殊なのか、はたまた珍しくて無理やり連れてこられた種だったりするのか、その辺の過去もスルーされてるので、いったいいくつなんでしょうね?
個人的には犬と同じくらいの成長として、30くらいかなーと思ってたんですが…。

2019/06/14 (Fri) 20:48 | 編集 | 返信 |   
 → 

そうですか。何ぶん、古いバージョンしか観ていないので、分かり兼ねる処もあります。
シャンメリーだと、子供っぽくて良いかも知れませんよ。
コーラだと、女優さんのCMになってしまいますし、映画でも観賞しながら、世を嫉むのではないでしょうか。
ジム版のグリンチを観て、影響を受けたかも知れませんが、先代はもっと丸かったような気が。

2019/06/14 (Fri) 21:57 | 編集 | 返信 |   
maki → >隆さん こんにちは。

ジム版グリンチなんて、もう、
とっくに忘れてますもの^;
というか、存在自体知らない人も多いのではないでしょうか…。

中年までは行かないまでの成人だと思うんですけどねえ…
なんともいえないグルーみ。

2019/06/16 (Sun) 15:37 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 2

  • 『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』『グリンチ』トーホーシネマズ渋谷1,5
  • ◆『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』トーホーシネマズ渋谷1 ▲「トルコ目薬」とは面妖な (左から客、トルコ嬢、ボーイ兼用心棒、ヒモ、ホスト、店長)。 五つ星評価で【★★イツキの秘密の設定は大きなアラ。中盤大きくダレる】 閻魔大王など中国から伝来した地獄観、日本神話の神様やアイテム、妖怪信仰全般などの民俗学リサーチ、これら全てをパラメータ化して、味方同士や敵同士を結合し...
  • 2019.06.14 (Fri) 15:23 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
  • 「グリンチ」
  • へんくつではいけませんか。
  • 2019.09.14 (Sat) 11:00 | 或る日の出来事