updated date : 2019/05/31
category - ホラー COM(0) TB(0

グースバンプス 呪われたハロウィーン

a111E06.jpg
【概略】
ハロウィーンシーズン真っ只中、ソニーとサムはある屋敷で一冊の本と腹話術人形を見つける。ホラー作家R.L.スタインによって書かれたその本を開くと、中に書かれていた小説が現実になってしまうのであった。スタインの描いたモンスターが街中に溢れ大混乱!そんな中、悪魔の腹話術人形スラッピーに捕らわれた母を救うため、ソニーとサム、そしてソニーの姉サラはハロウィーン・モンスター達に立ち向かう。果たして彼らはモンスター達を無事本の世界に戻すことが出来るのか…!?
ホラー

.0★★★☆☆
腹話術人形スラッピー、相も変わらずやりたい放題だな…。でも別に性格は悪くとも顔は怖くはないんだよね。
前作キャラと関りがあまりない様にみえたけど、実際はスタインのかつての家(いまは廃墟)にあった初作「呪われたハロウィーン」の本によって蘇った邪悪な腹話術人形スラッピーが「家族を作る」ため、大騒動を起こす…という話。
クマグミとかめっちゃ可愛い。またノームとか(笑)
地味に良く出来ていた前作ほどではないにせよ、ハロウィーンの怪物たちが大騒ぎするところはなかなかよく出来てる。
特に、ブースバンプスシリーズファンだったらしい隣のチューさんがいいキャラしてたな。
やることは、前作と同じ、本に封印とか続きを書く(作る)というもの。本作では二コラ・テスラがフィーチャーされてた。
ただ、ジャックブラック(スタイン)がスラッピーによって本の中に封印されてしまうというラストで、これは3作目があるな…と確信(笑)
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 0

まだコメントはありません。

コメントを書き込む

トラックバック数 0