メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

キングスマン:ゴールデン・サークル

2019/05/27  20:48
4
5
n_657fxbr69789rpl.jpg
【概略】
謎の麻薬組織【ゴールデン・サークル】の攻撃により、【キングスマン】本部が壊滅!一流スパイへと成長したエグジーは、アメリカの同盟スパイ機関【ステイツマン】と共に新たな戦いに挑む!
アクション

.0★★★☆☆
前作で死んだと思っていたハリー(コリン・ファース)が生きていたというのは嬉しい驚きとして、労働階級のエグジーがすっかり紳士面なのは気にくわない、しかも活躍してるという…。しかも冒頭でキングスマンたちやられちゃうし…。
泣き酔いのマーリン(マーク・ストロング)と腕が鈍る演技のハリーが可愛い。
色々あって、アメリカの組織「ステイツマン」と協力関係に一応なるんだけど、もっとアメリカの大味なカウボーイ風が出るのかと思ったら別にそうでもなく。
前作のようなはちゃめちゃで楽しいところが全然ない…。はっきりいって期待を裏切られる気分を味わった。チャニング・テイタムも出番少なっ。
カメラ位置がクルクル変わるアクションシーンは健在でしたが、あまり印象に残る動きがない。エルトンの飛び蹴りくらいかしら…。
「俺ほんとに間抜けっぽく見えない?」見えちゃうんだよな…。
エルトン・ジョンはあれ本物?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/05/27 23:57

なんつーか一作目もてきとーなんだけど、許せるてきとーなんだよね。
このシリーズは作れば作るほどアラが浮かんできそうな気がする。
コメントアバター画像
maki 2019/05/28 16:46

>fjk78deadさん こちらにもありがとう。

一作目は洒落た(紳士的な)演出の上にグロ、全方向カメラみたいなところが良かったのですが…
本作ではカメラワークは同じようなグルっとカメラでしたが
肝心のステイツマンがほとんど役だたないうえ実質ウイスキーが裏ボスだったし
マーク・ストロングの歌声は良かったものの
結局みんな死んじゃうし、で、
色々と長すぎ、呆気なさすぎ、というところが目に付いてしまいました。
テンポの良さもあまり感じず。
王女と結婚しちゃったら、主人公王子?
逆玉の輿だけど、スパイ活動大丈夫?とか思ってしまう…
コメントアバター画像
2019/05/28 18:42

スパイは、感情をコントロールして、どんな命令にも従わないといけない、と思いますが、英国本部の全滅によって、エグジーは母国を亡くすような、根無し草になったのですね。国が謀略や工作のプロを雇い入れる、という事は、昔からあったと思いますが、エグジーが渡米したのは、同盟的なスパイ組織があった?事から、当てにして行ったのではないかと思います。殺られてしまった仲間達への復讐も込めてで、紳士的な物腰は、むしろ、スパイの生存本能で、洗練されて、本来の自分を隠さなければ、安全に生きられないのではないか、と思います。

キングスマンで、新人のままでは、好まざるであっても、独立後のエグジーは無かった、と思います。
コメントアバター画像
maki 2019/05/29 16:50

>隆さん こんにちは。

>同盟的なスパイ組織があった?事から、当てにして行ったのでは
勿論そうだと思います。
>キングスマンで、新人のままでは、好まざるであっても、独立後のエグジーは無かった、と思います。
それもわかるんですが、わかるんですが、
なんていうかエグジーがたった数年で紳士たるものを完璧に学んだとは思えないんですね
勿論彼のキャラからすれば最初からそういった才能があったともとれるのですが
前作ではまだフレッシュなエグジーだったからこそ、
正反対にある紳士たるものを学んでいく過程で、ハリーたち「本物の英国紳士」に触れ、
それに近づこうとする様子が楽しくもあり、中年スパイたちに惚れ惚れするところもあり、
という感じだったんですね。
ところが、本作のエグジーにはフレッシュさが完全に消えてしまい、主役としての華もなく
上でふじき78さんがおっしゃっていますが、
続編があればあるだけ「粗」が浮かんできてしまう…まさにこれでした。

だから、本作は今一つに感じてしまうのだと思います…。
前作が良かっただけに、期待度が大きかっただけに…。

コメントの投稿

トラックバック

『キングスマン/ゴールデン・サークル』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

**** ネタバレ注意! ****謎の犯罪組織”ゴールデン・サークル”の攻撃により、”キングスマン”はエグジーとマーリンを残して全滅。残された非常手段を使い、二人はアメリカの同盟組織”ステイツマン”と合流。二つのチームは共同で”ゴールデン・サークル”を追うことになるが、そこには死んだ筈のハリーの姿が…?!「キングスマン」の続編で、今度の相手は世界最大の麻薬組織。前作の悪役はサミュエル・ジャク...

『山猫令嬢』『52HZのラヴソング』『ジョジョの奇妙な冒険』『恋山彦』『キングスマン:ゴールデン・サークル』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

2018年1月8日に見た3本、9日に見た1本10日に見た1本まとめてレビュー。 ◆『山猫令嬢』角川シネマ新宿1 企画「大映女優祭」の1プログラム。1948年モノクロ。 五つ星評価で【★★★脚本上の機転にビックリ】 娘は母を慕いたいと思いつ、そのガラッパチさに幻滅し、 母は娘を誰よりも大事に思っているのに方法が悪くそれが娘に伝わらない。 なかなかもどかしいドラマ。 中盤くらいにかなり意外な展...

「キングスマン ゴールデン・サークル」 - ここなつ映画レビュー

今年一番最初に観る作品はこれにしようとだいぶ前から決めていた。前作の「キングスマン」が大変面白かったことと、何と言っても愛しのチャニング・テイタムが出演しているから。年初めを大好きな俳優を観て迎えるのは、眼福以外の何物でもない。だけど…。まあ、面白かった。だが、期待した程では無かった。っていうか、期待外れだったことは否めない。チャニング・テイタムも私基準ではあんまり活躍していなかったし(でも...

キングスマン :ゴールデン・サークル - 象のロケット

キングスマンは、世界的麻薬組織ゴールデン・サークルの攻撃によって壊滅した。 残されたエージェントのエグジーとメカ担当のマーリンは、バーボン・ウイスキーの蒸留所を経営するコテコテにアメリカンな同盟スパイ組織ステイツマンと手を組むことに。 一方、ゴールデン・サークルのボス、ポピーは、驚愕の陰謀を始動させていた…。 スパイアクション第2弾。