メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

未来のミライ

2019/05/20  18:53
4
3
n_622vpbt23060rpl.jpg
【概略】
甘えん坊な4歳の男の子・くんちゃんは、ある日、自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ不思議な少女・ミライちゃんと出会い、時を超える大冒険を繰り広げる。
アニメーション

.0★★★☆☆
細田守監督作品。
4歳の甥っ子がまさに今いるけど…やはりわがままなんだよね、すぐ「あ、makiちゃん今怒った。きらーい」とか、それはよく言われる。ただし私は怒ってなくて、こうしたらいいんじゃない?とか、その子の思い通りにならない事を言ったりしただけで、怒るし嫌いと言われる。
だからこのくんちゃんも、「おかあさん好きくないの!」って駄々っ子するけど、4歳だとこんなものなのかな?とも思う。
ただし私の場合身内の4歳の甥っ子だから可愛いけど、くんちゃんは単なる映画のキャラなので、全く可愛くない。赤ちゃんに母親を取られた気持ちになってるんだけれど、ただこの気持ちはわかるかな。私は年子で、1歳下の弟がいるから。2歳くらいの時、1歳しか違わないのにお姉ちゃんだからとか言われるので憤慨した私はちょくちょく哺乳瓶を弟から奪って飲んでたらしい(笑)
正直ストーリーは劇的につまらない。
ただくんちゃんが蜂ゲームで「もっとやって」というところは4歳児っぽい。てかうちの4歳甥っ子と同じ。蜂ゲームじゃないけどね、うちはこちょこちょとお尻モミモミだな。これでめちゃくちゃキャッキャ笑う。
メインの話になるっぽいシーンがあるんだけど、でも、え、だから何?というか4歳理解できんの?と思った私は子供心失くしてるわ^;
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2019/05/21 02:09

まあ、なんだか、もうちょっと面白い方向には作れなかったのかなあ?と思いつつも、細かいサービスはいろいろ多い。幹がつまらないんだよなあ、きっと。4歳児のリアルは正しく描写されていても、それ自体が面白くはない、という事かな。
コメントアバター画像
ボー 2019/05/21 08:53

おー、

同じ年のおいがいるのですか。少しは、あんな感じですか。
人んちのガキのわがままを見たら、やっぱり、いらつくでしょうね。
くすぐられたりしたら、大人(私)でもキャッキャしちゃう。やめてー、でも、もっとやってー。
コメントアバター画像
maki 2019/05/21 16:18

>fjk78deadさん こんにちは。

わがまま4歳児の世界感ってのはたぶん出てたと思うんだけど
如何せん、問題だと言われてた通り、ストーリーがつまらない
私は結局この映画で何を言いたいのかがさっぱりわかりませんでしたよ
それならひいじいじのエピソードずっと見てたい感じ。
コメントアバター画像
maki 2019/05/21 16:20

>ボーさん こんにちは。

ただいまうちに寄生中の弟の末子が4歳です。
やたら新幹線にこだわるし、すぐに嫌い!とか怒ってる!とか、
おまえが怒ってるだろ…とツッコみたくなるわがまま王子ですが、
あれが、映画になるときっとくんちゃんみたいになるんだと思う
ただし、くんちゃんは理解力がありすぎ。
蜂ゲームはきっと未来のみらいちゃんを真似して、
くんちゃんがみらいちゃんにやってあげるんでしょうねえ

コメントの投稿

トラックバック

『未来のミライ』ユナイテッドシネマ豊洲12(ネタバレ地獄篇) - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

▲前世が芋虫。クンちゃん。 ※ バリバリにネタバレするので未見の方はご注意ください 五つ星評価で【★★★こういう映画と思って見に来たので内容に対して裏切られた感は感じなかったが話が平坦なのは正直キツかった。凄く豊かな表情をするクンちゃんのアニメートに関しては予告時点から感心してた】   さて、妹に父と母を取られて嫉妬しているクンちゃんが未来からやってきた妹の未来ちゃんと冒険しながら成長す...

未来のミライ - 象のロケット

4歳の甘えん坊の男の子くんちゃんの家に、妹ミライちゃんが産まれました。 ミライちゃんに両親の愛情を奪われ、戸惑うくんちゃん。 そんな時、くんちゃんは自分のことを“お兄ちゃん”と呼ぶ、“未来からやってきた妹ミライちゃん”と出会います。 時を越え、過去や未来の家族と出会うくんちゃん。 それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした…。 ファンタジーアニメ。