メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史

2019/05/04  16:44
4
3
n_620sdv19112rapl.jpg
【概略】
ある日、超空間のねじれにより、のび太の部屋の畳の下と宇宙の彼方にあるコーヤコーヤ星が繋がってしまい…。
アニメーション

.0★★★☆☆
アレ?何かまた改変されてる…新シリーズの4作目の映画化作品。「新」がついているのでわかる通り、オリジナル作品があります。テンポは良いです。
ロップルくん、チャミー、ロップル君の妹。新キャラのモリーナとその父親のエピソードが増えてましたね。
ドラえもんの定期検診の名目でドラミちゃんが出てきたり、のび太のコルク射撃の腕前が発揮されたり、重力の違いのおかげでのアクション的な活躍の場面は増えていました。
ガルタイト鉱業一味をこてんぱんにしたはずが、彼らの姿は消えていて…。ボスのギラーミン(こんな名前だっけ?)の声が大塚明夫さんだった。姿の割にイケボすぎ(笑)
友情は勿論ですけど、開拓民たちの生活を守るために戦うのび太の姿。感動的に逞しい。ていうか、いつものメンバーが集まるのが後半ってのも珍しい気がする。「どうして俺に相談しない!」とか男前ジャイアン。しずかちゃんも結構ジャイアン好きだよね。
関係ないけど、今日、ジャイアンTシャツを発見した。男性用だけど…ほ、欲しい…となった(笑)。ジャイアン好きにはたまらない。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
メビウス 2019/05/05 20:26

のび太勇ましく

makiさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

この宇宙開拓史は重力の関係でスーパーマンになれるってのもそうでしたが、いつもはオマヌケなのび太が得意のコルク銃で勇ましく見えるのも面白い作品ですね。
普段と違いジャイアンたちも本格的に集合するのが後半辺りなので、そこから反撃していくのもスカッとします♪・・・そうそう、男前ジャイアンが観たいのでしたら『新・のび太の大魔境』をオススメしますよ^^
コメントアバター画像
maki 2019/05/05 20:47

>メビウスさん こんばんは。

中盤に仲間たちが野球をするのに一旦は一緒に登場するのに、
活躍は後半だけってのは珍しいですよね
その分のび太の活躍の場はありましたけど。
コルク銃のシーンも良かったです。

大魔境、いいですよね~オリジナルで観てます。
でももうほとんど覚えてないけど、ジャイアンの活躍がたくさんあるのかな?

ジャイアンはいつも(通常アニメとか)ではいじめっこ側だけど、
実は誰よりも情が厚くて、「ガキ大将」の大将の名の通り、少なくとも
自分の周りの人物で困っている人がいたらちゃんと面倒をみるってのが男前ですよね~
だから映画版のように、誰かが危機に陥ったり、困った状況下になると、
頼りになるのがカッコいいと思います
ボエ~も大好きですが(笑)
コメントアバター画像
fjk78dead 2019/05/06 20:20

10年前に見た映画。ブログ読むと何か当時の私は怒ってました。予定調和があかんかったのかな?
コメントアバター画像
maki 2019/10/19 21:13

>fjk78deadさん こんばんは。

ずっと前にコメントくれてた;
今気づきました(><)すみませぬ

趣味のコルク射撃が役に立つところなんかはいいんですけどね
この映画ドラえもんシリーズって、結構あっさりしたのが多いですね

コメントの投稿

トラックバック

映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史(評価:◎) - シネマをぶった斬りっ!!

【監督】腰繁男 【声の出演】水田わさび/大原めぐみ/かかずゆみ/木村昴/関智一/千秋/香里奈/アヤカ・ウィルソン 【公開日】2009/3.7 【製作】日本 【ストーリー】 ある日、超空間のねじれでのび太の部屋のたたみの下と、宇宙の彼方にあるコーヤコーヤ星が繋がってしまった!コーヤコーヤ星は豊かな自然と不思議な動物でいっぱいの開拓中の星。のび太とドラえもんは、そこで開拓移民の...

『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』パルコ調布キネマ - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

大層、評判がよさそうだし、ちゃんと普通に面白い。 そんな映画にヤクザが因縁ふっかけてるみたいで恐縮なんだけど、「たかだか動くポンチ絵風情が優等生ぶってんじゃねえぜ」と言っておこう。親に睨まれる作品こそ価値がある、なんて捻くれた事を主張する気は全くない。ただ、親といっしょになって持て囃されるような映画は生命力が低い気がする。長い事、作り続けすぎた為に疲弊してしまった「映画ドラえもん」に必...

映画 ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史 - 象のロケット

突然のび太とドラえもんが寝ている部屋のタタミが宇宙船につながる扉になってしまった! 操縦していたのは「コーヤコーヤ星」のロップルと相棒のチャミー。 豊かな自然と不思議な動物でいっぱいのコーヤコーヤ星だが、“ガルタイト鉱石”という資源をねらって恐ろしい計画がすすめられていた…。 ≪信じる心が、僕らをつなぐ≫ 人気冒険アニメ新シリーズ第4弾。