メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

彼の見つめる先に

2019/04/15  16:30
0
1
n_1058tced4208rpl.jpg
【概略】
目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。レオはガブリエルと一緒に過ごす時間の中で、今まで経験したことのない新しい世界を知っていくのだが、やがてレオとガブリエル、ジョヴァンナ、それぞれの気持ちに変化がやってきて…。
青春

.0★★★☆☆
盲目の少年レオと幼馴染のジョヴァンナ、青春時代らしく、誰かとキスしてみたいなって思ってたり、家から出たいなって思ってたりする頃に、教室に転入生のガブリエルがやってくる。
盲目だってのを忘れて「映画館に行く?」とか「月を見に行こう」とか、自分の知らない音楽やダンス、外出、知らない世界をガブリエルから影響され、好意をもつのは当然だよね。過保護な両親のもと、レオの世界は今まで狭かったから、ガブリエルが来て世界が広まった。
髭剃りの時のお父さんの「親から逃げるための(交換)留学はダメだ」の一連の台詞が良かった。
シャワーシーンでの相手の体を見る視点とか、ジョヴァンナにガブリエルを恋人とかのように愛してると告白したシーンとか、甘酸っぱいような感覚を味わえるシーンがありました。一番の親友を他の人にとられるようなもやもやする気持ちとか。
結局、ガブリエルは「好きな人がいるんだ」と、女生徒とのキスをお断りして、「レオ、誰かが君にキスをしたのなら、お返しをしてみたら?」と言い、あのパーティーの夜のことを、覚えてないのではなかったってことで、二人はキスをする。
ラストで、クラスメイトに「交際は順調だな!」といつも通りからかわれる帰り。レオはガブリエルの手のひらをギュッと握るんですが、ここも良かった。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

彼の見つめる先に - 象のロケット

ブラジルの男子高校生レオは目が見えない。 心配性の両親は過保護で、親がいない時はレオは祖母の家に行かされ、学校では幼なじみの女子ジョバンナが何かと世話を焼いてくれる。 ある日、クラスに転校生の男子ガブリエルがやって来た。 自分を特別扱いしない彼と付き合うことで、レオの世界は広がっていく…。 青春ドラマ。