メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

2019/04/07  08:53
0
1
n_620sdv18252rapl.jpg
【概略】
のび太は木から生まれた小さな苗木に‘キー坊’と名付けて可愛がっていた。一方、宇宙の果てにある植物たちが暮らす‘緑の星’では、植物星人たちが人間への破壊活動に怒り、地球にある全ての植物を奪い取ろうと計画していた…。
アニメーション

.0★★★☆☆
環境問題を扱っているのはわかるのですが…子供が見るには少し難しいのでは?
キー坊とか聞いたことある…原作でかな?でも、キー坊があまりにもキーキーうるさくて、私は閉口しました。可愛いキャラらしく描かれてるんだけれど、私には可愛くみえなかったかなー。
作画の不安定さというのか、いい意味での変顔が多いところは笑えるので良い点。作画おかし過ぎて「え?」ってとこもあったけど。
しかし、起きてすぐののび太の顔がもうなんか別人過ぎて「誰だよこれ」状態。あんな、目がキラキラしてるキャラだったか?と思った。
演出上は、いらないシーンも多かったと思う。一応、リーレ姫の成長譚としても描かれているわけだけど、ヤマとかロクとかの森の民の描写とかいる?うまく割愛しつつ説明することも出来た気がする。
なんかさ、ジブリっぽい。意識されてる気がする。
今回ひみつ道具のほとんどを修理に出してしまっているという設定なのでドラえもんがほとんど役立たないところは残念。
あと、映画版のジャイアンの男らしさは今作でも健在。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

トラックバック

映画 ドラえもん のび太と緑の巨人伝 - 象のロケット

のび太が拾った苗木は、ドラえもんの『植物自動化液』により男の子に変身。 のび太は「キー坊」と名をつけ、弟のようにかわいがる。 ある日、突然裏山で雷が光って、みんなは植物たちが支配する「緑の星」へ到着。 新たなる冒険が始まった! 人気冒険アニメ新シリーズ第3弾。