2重螺旋の恋人

2019年03月18日
0
3
サスペンス・スリラー
n_613pcbe75987rpl.jpg
【概略】
クロエは原因不明の腹痛に悩む25歳の女性。精神分析のカウンセリングを受けることで痛みから解放された彼女は、分析医のポールと恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエは街でポールそっくりの男を見かける。彼はポールの双子の兄で精神分析医のルイだった。なぜポールはルイの存在を隠していたのか?疑惑にかられ、偽名を使ってルイのクリニックに通い始めたクロエは、優しいポールとは反対に傲慢で挑発的なルイに惹きつけられていく…。
サスペンス

.0★★★☆☆
ホラーなどではおなじみの、バニシングツインものでした。双子が胎内でもう一人に吸収され腫瘍として残ったりするもので、てっきり、男性2人が、本当の双子で入れ替わっているとか、一人二役だとか、本当は一人で人格障害をもってるとか、そういう風にみてしまいがちの設定ですが、腹痛と精神疾患の原因は、自分自身の中にあったって事実は、結構不気味。
生まれなかった双子の念がそうさせているのか、とか、そういった描写も少々みられるので、もしも自分が…って考えると結構気持ちが悪い。
そもそも患者に好意を抱く医者ってどうなのかな…。なんやかやで恋人同士になり同棲を始めるクロエとポール。
あるクリニックの前で女性と一緒のポールを見かけたクロエは、ポールを問い詰めるも「似た別人だ」と言われる。クリニックに診察してもらう名目で医師に会いに行ったクロエは、ポールと激似のルイ医師と出会う。すると「(ポールは)弟だ」とルイが告げる。ポールとは真逆の傲慢な性格のルイに反発するも、彼にも惹かれていくクロエ。
セックスだけの関係よ、ってことになるんだけど、ある時ルイがクロエがポールの恋人だとはじめから知っていたと乱暴なセックスを強要、「あなたを犯したい」で実際にポールを後ろから器具付けて犯す描写とか、セックスの描写が多いから18禁なのかな。
妊娠するクロエ、でもポールの子かルイの子かはわからない。やがて双子に関わる過去を知り…。
妊娠だと思っていたのは、実は腹部にある腫瘍で、そこで初めて自分が双子だったことを知る。
生まれなかった「姉」が、ラストで鏡を割るようなシーンがあり、そこはちょっとホラーみ。ルイの存在は、本当はなかった気がする。全ては腫瘍の姉がみせた幻覚だったのかも…。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 0

まだコメントはありません。

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 原因不明の腹痛に悩まされるクロエは、肉体的には何の異常もないと診断されたことから精神分析医を訪ねることにする。訪れたポールという医師のカウンセリングを受けるうちに症状が改善され、やがてクロエとポールは恋に落ち、同居を始める。そんなある日、クロエはポールと瓜二つの男に出会う。ルイというその男は、実はポールと双子で共に精神分析医だという。何故ポールは兄の存在を隠しているのか、その謎を探るべくクロ...

    2019.03.18 (Mon) 19:57 | 【徒然なるままに・・・】
  • フランス・パリ。 25歳の独身女性クロエは、原因不明の腹痛に悩まされていた。 検査では異常が見つからず、精神分析医ポール・メイエルのカウンセリングによって痛みから解放される。 やがて恋人同士となり同居を始めた2人だったが、ある日クロエは街でポールそっくりの男を見かける。 その男ルイ・ドゥロールもまた精神分析医で、彼はポールの双子の兄だった…。 ラブ・サスペンス。 R-18

    2019.03.21 (Thu) 11:39 | 象のロケット
  • ヒッチコックよりデ・パルマ風か。

    2020.02.22 (Sat) 10:27 | 或る日の出来事