メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ルイスと不思議の時計

2019/03/15  20:36
2
2
n_605gnbr4630rpl.jpg
【概略】
両親を亡くした少年ルイスは、叔父ジョナサンの古い屋敷で暮らすことになるが、実は叔父のジョナサンは、二流のポンコツだが不思議な力を使える魔法使いだった。不思議な時計がいっぱいの屋敷で新生活を始めたルイスは、屋敷の中に世界を破滅に導く時計が隠されていることが知り、ジョナサンとともに謎を解いて世界を救うため奮闘する。
ファンタジー

.0★☆☆☆☆
ジャック・ブラックとケイト・ブランシェットが好対照な魔法使いに。
子役が全然可愛くないうえ、当たり障りのない作りで実につまらない。どこ層向けなのかもわからない。三人の吹き替えの声も酷い。
本を読んで呪文が学べるなんて、魔術師になるって楽すぎ(こういう安直なのあんまり好きじゃない)。
全然興味を惹く内容ではないし、主人公にいたってはイライラするばかりで。
そんなこんなで、盛り上がってるのかどうかもわからず、単調な展開が後半まで続くのさ。キャラクターに惹かれる前に本作は終わっちゃいます。
後半の人形ロボット集団は不気味だったけど、よいところはそこだけ。
ツィマーマン夫人が力を取り戻すのも安易。義理家族みたいな関係になっていく過程がうっすいの。
赤ちゃんジョナサン叔父さんは笑うとこなのかな?ん?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ヒロ之 2019/03/16 15:45

こんにちは!

コメントありがとうございました。
ジャック・ブラックにハズレなしと今まで思っていましたが、ついに出ちゃいましたねこれがそう。
意味も無く汚物ネタに走り、ガキはクソガキ、ファンタジー要素もまるでダメ。
流石にこれみてニッコニコにはなりません。
終始私、しかめっ面してたと思います(笑)。
コメントアバター画像
maki 2019/03/18 13:32

>ヒロ之さん こんにちは。

まったくもってダメでしたよね~これ。
予告編でも面白そうに思えませんでしたが、本編はもうほんと酷かった。
ファンタジーさも全然ないし。
しかめっ面というより眉間にしわ、でした(笑)

コメントの投稿

トラックバック

『ルイスと不思議の時計』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

両親を事故で亡くしたルイスは、伯父のジョナサンが住む屋敷に引き取られる。そこでルイスは不思議な体験をするが、実はジョナサンも隣人のツィマーマン夫人も魔法使いだった。そしてこの屋敷には秘められた謎があるらしい。伯父から魔法を学ぶことになったルイスだったが、ある日禁じられた扉を開けてしまう。そこに収められていた一冊の書物。ルイスはそれを紐解き、恐るべき災いを呼び覚ましてしまう。ジョン・ベレアーズ...

ルイスと不思議の時計 - 象のロケット

1955年、アメリカ。 両親を亡くした10歳の少年ルイスは、風変わりな伯父ジョナサンに引き取られた。 実はジョナサンは二流の魔法使い、彼の隣人ツィマーマン夫人は超一流の魔女で、ルイスは2人に魔法を教えてもらう。 ある日、死んだ闇の魔法使いアイザックが甦り、ジョナサンの屋敷に隠された世界を破滅へと導く時計をめぐっての、魔法バトルの火ぶたが切って落とされた…。 ファンタジー。