メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

デビルシャーク

2019/03/09  21:27
0
0
n_701tsdr71312rpl.jpg
【概略】
邪教に魅入られた修道女が召喚した悪魔。それは凶暴で巨大なホオジロザメに憑依。次々と漁村の人々に襲いかかった!血に染まる海―。さらに鮫に噛み殺された犠牲者も、牙を生やした怪物に変異。平和だった村は、何処にも逃げられない地獄と化す!そんな時、一人の男が漁村に赴く。彼こそがエクソシスト=悪魔祓い師であった…。
パニック

.0★★★☆☆
悪魔が憑依した巨大鮫 VS 祓魔師=エクソシスト!今、史上最恐の戦いが始まる―。
えっ!?概略↑と内容が全然違う。サメもほぼほぼでてこない(目が黄色い…)。
喘いだり、てんかん発作のようにブルブル震えてる人のシーンが大半で、クソサメ映画のはずなのですが、なぜだろう…この苦痛に妙な高揚感があるのは。
何とも言えない味がある映画で、確かにクソすぎるのだけれど、そのクソ部分が癖になるっていうか。散々ではあるのですが、人によっては「クソ映画」だけに囚われない素晴らしさのある、一種の呪いがかかったような作品。
ストーリーはあるもののぶっ飛んでるため(理知的ではない)、人にお薦めしようにも出来ない(呪い)。
血は水彩っぽいが、メインテーマ曲は良い(呪い)…というか一度聞くと忘れられない。
唐突なラストの水族館でぬいぐるみをたくさん持ちだす女性、あんなふうに抱かれたり触られてたんじゃ、他の人買えない…。そういえばディズニーランドとかでもお土産店でぬいぐるみを体に擦り付けたりキスして写真とったりして(買わない)客の話がいっとき問題になったよねえ。…で、あれプールガール(サメのフィギュアとお話してた人)?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿