リグレッション

2019年02月28日
2
2
サスペンス・スリラー
7f8bf8589123be9b.jpg
【概略】
1990年、アメリカ・ミネソタ。刑事のブルース・ケナーは、父親の虐待を告発した少女アンジェラ・グレイの事件を取り調べる。驚くべきことに、訴えられた父は、記憶がないにも関わらず罪を認め、ケナー刑事は著名な心理学者の協力を仰ぐことに。アンジェラの記憶をたどりながら事件の真実を追うケナー刑事は、やがてこの町に秘められた恐るべき巨大な闇に迫っていく。
スリラー

.5★★☆☆☆
イーサン・ホーク、エマ・ワトソン。
実話から着想を得て制作された映画らしい。面白そうな題材だが、実際はそう面白くはなかった。
悪魔崇拝の何らかの儀式のため性的暴行されたという娘アンジェラ、儀式を行ったと思われる父親とブルースの同僚の警官。退行催眠をかけて、アンジェラと、家出したアンジェラの兄ロイの記憶を読み取ろうとします。
悪魔崇拝者への怖さが足りない。アンジェラの告白で、ブルースが想像する…例えば、黒ミサにて赤ん坊を刺し殺す人々の様子とか、そういうの。現実に思えるくらいの恐怖ではないし、なんか皆が想像しやすい感じ。ああ、これは嘘だな、妄想だなって。
証拠はないが、証言ばかりが集まる。
悪魔崇拝者への恐怖から集団ヒステリーへと移行する人々の妄想と心理を描いたドラマでした。
思い込みが町中に広がり、少女の嘘と演技に警察も町もマスコミもみんな騙され翻弄され、そして事件は何一つ(おおやけには)解決しないまま、「俺のせいだ、憎しみを生んだ」と父親が泥をかぶって終わるという…。
うーん。これは。役者がそろってただけに、残念な出来…。
これは思いがけず帽子をとったらハゲてた父親がかわいそうな…。
アンジェラの嘘をついた原因というのが、苦労したからっていう軽い部分は、ある意味で怖いかもだね。貧乏で苦労したら、被害者。そしてもう自分が作った「被害者」から逃れられない。一生。単純に家を出ていくじゃだめだったのか?
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
maki
Posted by maki
大作~B級を幅広く鑑賞中。ホラー、サスペンス・スリラーが好き。
大好き(ღ❛ั◡❛ัღ)
マッツ・ミケルセン、コリン・ファース、ポール・ベタニー、ドニー・イェン その他…
<記事内の★の数:好みかどうか>
★★★★★→☆☆☆☆☆
(面白い)→(微妙)
★★★☆☆(普通)は振り幅が大きいです
星3.5はこう→(.5★★★☆☆)

Comments 2

まだコメントはありません。

ボー  

地味~

キリスト教ベースの田舎の町に起きそうなことに思えました。
(あたしが)悪いことするのも、悪魔のせいよ、みたいな考えが心の底にあったりもして?

2020/01/17 (Fri) 09:12
maki

maki  

To ボーさん こんばんは。

集団ヒステリーってところが、なんか、
アメリカの田舎で実際にあったって言われても違和感なかったかな。
嘘の原因がたいしたことじゃなかったのが、
ある意味で余計恐ろしかった。

2020/01/18 (Sat) 20:18

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  • 1990年、アメリカ・ミネソタ州。 刑事ブルース・ケナーは、父親からの虐待を告発した少女アンジェラ・グレイの事件を担当する。 父親が記憶がないにもかかわらず罪を認めたことに不審を抱いたケナーは、著名な心理学者ケネス・レインズの協力を仰ぐことに。 やがて事件と悪魔崇拝との関係が浮かび上がる…。 サスペンス。 ≪恐怖が 謎を 深くする。≫ R-15

    2019.03.02 (Sat) 09:06 | 象のロケット
  • リグレッションとは、「退行」などの意味。

    2020.01.17 (Fri) 09:07 | 或る日の出来事