updated date : 2019/02/10

アンダー・ザ・シャドウ 影の魔物

n_1083adx1106rapl.jpg
【概略】
1988年、イラン・イラク戦争さなかの首都、テヘラン。若き母親シデーは、5歳の娘と、最前線に招集された医師の夫の帰還を待っている。ある日、彼女らが住むアパートにミサイルが落下。爆発はしなかったものの、隣人が引き取った孤児メフディは、ミサイルが邪悪な神「ジン」を連れてきたと告げるのだった。娘のドルサも、ジンの存在を主張し、様子もおかしくなっていく…。アパートでは、戦争の激化と、立て続けに起こる異変に怯えた隣人たちが次々と疎開。そして、遂に母娘2人だけになったアパートを「何か」が襲う…。
ホラー

.0★★☆☆☆
製作国が、イギリス/ヨルダン/カタール/イラクで、ちょっと珍しいなと思ったりした。舞台もイスラム圏。
冒頭、医師になる道を閉ざされるシデー。自宅でくつろぐ姿は普通の主婦そのもの。この頃の彼らの生活は、もっとかた苦しいものかと思ってた。夫も医師だし裕福な家庭なのかも。エアロビってところに時代を感じるけども。
「ジンが怖いの」と娘が言う。そういえば、その名のタイトルのホラーもあったね。あれは赤ん坊だっけ。
人形のキミアが見つからない、娘は「とられたのよ」というんだけど…。
バラバラのキミア人形を直すのにテープはないでしょ…。縫ったんじゃないの?
ジンが風っていうのが、まさにどこにでもいる感じだけど、子供を守る母親にしては、少々自己主張の強い現代的な母親、シデー。
だから女性のジンも、私のほうが娘の面倒を見れるとか言うのかな。
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
ippei → はじめまして

はじめまして
ブログランキングから来ました。
なんかすごくマニアックな気が。。。
でも結構好きなんです。こういうの。
また、訪問させていただきます。

2019/02/19 (Tue) 00:05 | 編集 | 返信 |   
maki → >ippeiさん こんにちは。

そうですね、マニアック…というわけではないですが
(一応まだ新作棚)
万人に勧められるホラーというわけでもなかったです。

舞台がイスラム圏ということで、
途中で主人公は霊から逃げるために黒布をつけず町の中を走るのですが、
それを見た市民と警察が「なんて恥ずかしい事をしているんだ」みたいな風に言うんですが
そういうのはちょっと新鮮でしたね

2019/02/19 (Tue) 08:59 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 0

【このブログについて】【全記事一覧】