updated date : 2019/01/10

デーモン・インサイド

n_820gadr1872rpl.jpg
【概略】
同性夫婦のジャッキーとジュールズは、結婚1周年記念にジャッキーが子供のころ住んでいた湖畔の家を訪れる。その夜近所に住むジャッキーの幼馴染がやってくるが、微妙な雰囲気を感じたジュールズは翌日湖の向かいの彼女の家を訪ね、ジャッキーと幼馴染2人が子供のころに起こった悲惨な水難事故の話を聞く。数日後、突然ジャッキーがジュールズを崖から突き落として殺害しようとする。ジュールズは瀕死の重傷を負いながらも、ジャッキーの恐ろしい一面を知り彼女から逃げようとするが…。
ホラー

.5★★★☆☆
同性夫婦ってのは目新しい。周囲(といっても幼馴染夫婦だけど)もそれを全く気にしない。カナダだからかな?
「簡単な事よ。あなたは転落死をして、私は保険金を」「愛はなかったの?」「ない」
結局メーガン(ジャッキー)は幼馴染のジェニーも殺したんですね。向かいの湖畔に住む幼馴染が「誤解」していた通り。
何にも縛られない、感情がない、罪の意識に溺れない、生まれつきのサイコパス。
最初の結婚相手はエリカ、そういっていたけど、他にも4,5人分のプレゼントの「ペンダント」があった。
ただジャッキーはインシュリンを摂取していた。ジュールズが逃げる時に首に刺したから、過剰摂取になって(倒れて)逃げられたのかな?でも、カラスと白頭ワシ、2人の間で蜜事としていたのを思い出してジュールズは車をとめ、ジャッキーを探しに戻る。
「二人の曲」と勝手に決めてた曲を大音響で流すことによって、呼び出すことに成功する。
私は、戻ったのは、カラスと白頭ワシのことを思い出して、それでも側にいる(一緒に病気を治そう)って選択をしたのかなと思ったんですよ。でも違った、ジュールズは二度とジャッキーに同じ事をさせないために戻ったのだ。結局またあの崖に落とされるんだけど。
実は元医者だったジュールズは漂白剤をインシュリンに混ぜていたのだ。(→ビデオメッセージでそれを知るジャッキー)漂白剤を血中に混ぜると、血栓ができやがて脳卒中を起こす。
ラスト間際のジャッキー(メーガン)が過去の熊を撃ったときの音と衝撃&クラシック音楽が、脳卒中を起こし倒れるシーンとかぶって、ここは良い演出でした。
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
ヒロ之 → こんにちは!

こちらにも。
主役夫婦が同性てのは斬新な設定でした。
登場人物も僅か4人と、助けを求める人間が極力少ない点が緊張感を出していました。
私も、ラストシーンの見せ方は中々上手いなて思いましたねえ。

2019/01/19 (Sat) 12:54 | 編集 | 返信 |   
maki → >ヒロ之さん こちらにもありがとう。

同性夫婦でも「え?あ、そうなんだ」とならないところが
ザ・カナダ!素晴らしい。
これラストの例の演出素晴らしかったです。
そこに至るまでは、二回同じところから落とされるのが面白いくらいで
いたって普通だったのですが…

2019/01/20 (Sun) 21:12 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 0

【このブログについて】【全記事一覧】