メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

くるみ割り人形と秘密の王国

2018/12/05  18:50
6
5
0b6710e38d02e7d8.jpg
【概略】
愛する母を亡くし心を閉ざした少女クララは、クリスマスイブの夜にくるみ割り人形に導かれ、誰も知らない秘密の王国に迷い込む。「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」という4つの王国からなるその世界でプリンセスと呼ばれ戸惑うクララだったが、やがて「第4の国」の反乱によって起きた戦いに巻き込まれていく。
ファンタジー

.0★★★☆☆
映画館鑑賞。
ごめんなさい、元話を知らないんだわ。「くるみ割り人形」は幼年期に寝物語に聞かされたりも本を読んだりもしなかったから…。
映画のくるみ割り人形とかは何作か観てるけど、どれも話が全然違うので、きっとこれもそうなのでしょう。
「トワイライト」シリーズでベラとエドワードの子供レネズミ役の少女マッケンジー・フォイちゃんが大きくなりましたねー。私の中では、インターステラーよりもレネズミのほうが印象強くて。
ピタゴラスイッチ的な機械好きの設定が、物語上ほとんど絡んでこないのが残念ですが、とにかく美少女!を拝む話でありました。
私馬鹿なのでわからないのですが、母親はどうやって命を吹き込んだ国にいったのだろうね?娘クララが行くのはわかるのですが…。正直、母親の物語が、「くるみ割り人形」なのかな?とバレエシーンを見つつ思いました。
ポスターとかにも前面に出てきてた、キーラ・ナイトレイが悪役で、「見捨てられた」とか、ちょっと切ない話ではありましたね。
一番美少女っぷりを発揮していたシーンは、兵隊さんのようなフレアスカートの軍服の時ですね。ほんと美少女!映画館を一旦出た私たちの最初の一言は「美少女だったね!」でした。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2018/12/06 22:27

そう言えば、くるみ割り人形なのに胡桃を割るシーンが一つも出てこなかった。
コメントアバター画像
maki 2018/12/08 10:05

>fjk78deadさん おはようございます。

くるみ顔してないってのは、人形のくるみ割り人形と
普通の黒人青年ってのがどーもしっくりこなかったです

ブリキ人形兵士はちゃんとブリキのおもちゃだったのに、
なんでくるみ割り人形はCGじゃないの?と思ってしまった
別に人間役者じゃなくても良かったような気がしますのです

クルミを割ってないのもそうだけど
特別くるみ割り人形自体がメインの話でもないので、
タイトルも変じゃない?と思いましたよ
コメントアバター画像
ボー 2018/12/08 23:22

いろいろ適当

なんでしょうねー。おじが黒人なのも変だし…。
マッケンジーちゃんで、もってるようなものでしたー。
コメントアバター画像
maki 2018/12/09 11:17

>ボーさん こんにちは。

ほんと、美少女っぷりを拝む映画でありました。
でも、ま、ファンタジーなんでこんなものかな?とも。
途中で他人に責任をおしつけたりする性格のゆがみも見せつつ
家族愛で終わるラストは、ある意味純真無垢とは違って、
等身大の少女でありましたね
コメントアバター画像
ヒロ之 2019/03/19 15:49

こんにちは!

マッケンジー・フォイちゃんがきちんと劣化せずに美少女へと育ってくれて、それだけでおっちゃんは感謝です。
コメントアバター画像
maki 2019/03/19 16:50

>ヒロ之さん こんにちは。

美少女をめでる映画でした。
内容は、深くない。
それだけっていえばそれだけなんだけど、
筋肉ムキムキのバレエダンサーさんも見どころではありましたね

コメントの投稿

トラックバック

『くるみ割り人形と秘密の王国』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

「マレフィセント」、「シンデレラ」、「美女と野獣」といった系譜に連なるディズニーのファンタジー映画の新作ですが、これらのような自社製作のアニメーション映画の実写化ではありません。原作はE.T.A.ホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」で、チャイコフスキーのバレエ音楽もふんだんに盛り込まれております。監督はラッセ・ハルストレムとジョー・ジョンストンの連名。最近よくある監督の途中交代か?...

『くるみ割り人形と秘密の王国』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『華氏119』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

映画の日鑑賞3本をちゃっちゃっと手早く。 ◆『くるみ割り人形と秘密の王国』トーホーシネマズ六本木3 ▲新春隠し芸大会の英語劇みたいな衣装(予算は百倍くらい違いそうだが)。 五つ星評価で【★★★リアルじゃないけどまあ楽しい】 ・主役のマッケンジー・フォイちゃん可愛い。  ドレスも可愛いが、軍服みたいなのも萌える。 ・白人の彼女のおじさんがモーガン・フリーマンって、どない...

くるみ割り人形と秘密の王国 - 象のロケット

母を亡くし、心を閉ざした少女クララがクリスマス・イヴにもらったもの、それは鍵のかかった卵型の入れ物だった。 その鍵を探すうちに、彼女は“花の国”、“お菓子の国”、“雪の国”、“第4の国”からなる、誰も知らない<秘密の王国>へ迷い込んでしまう。 クララはプリンセスと呼ばれ、この世界を創り上げたのが亡き母であることを知る…。 冒険ファンタジー。

『くるみ割り人形』もういっちょ。 @noraneko285 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

ツイッターでやり取りする中から、幾つか気づきがあったのでメモとして書きだします。 まず、 ・マッケンジー・フォイちゃんで実写プリキュアを撮ってほしい。 ほんま。 ラスボスが裏切りってディズニーでパターン化してないか?って件に関して ・真のラスボスはクルミ割り人形、もしくは、全てを裏から操るモーガン・フリーマン。 ・泣きながら全裸でマッケンジー・フォイちゃんの頸動脈をかっ切...