updated date : 2018/11/18
category - ヒューマン・ドラマ COM(4) TB(4

グレイテスト・ショーマン

n_612fxbr80160rpl.jpg
【概略】
19世紀半ばのアメリカ。幼馴染の妻と子供たちを幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナムは、ついにオンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかし、彼の型破りなショーには反対派もいた。若き相棒のフィリップをパートナーとして迎え、彼の協力によりイギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを得たバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー・リンドと出会う。彼女のアメリカ公演を成功させ、一流のプロモーターとして世間から認められようとするバーナムだったが…。
ドラマ

.5★★★☆☆
ミュージカル映画です。楽曲はかなりよい、サントラが流行る理由がわかるね。
想像力豊かな主人公という設定で、フリークスを集めてショーを行うんだけど、当然人々から賛否があって、しかも本物の歌姫に痺れちゃって公演を行うようになり、本来のサーカスの仲間たちや家族を置いていってしまう。本物のショーマンになったつもりだったんだろうね。やっぱり身分の差ってのが負い目だったのだろう。
ショーの練習をしてるとこが一切なかったのが気になりはしましたが、物語よりもこれは華やかなショーのシーンがメインの映画ですね。劇場で劇中の観客と一緒になって「観てる」感覚を得る映画でしたね。
物語は奇抜なところはなくて、むしろ集めたバーナムでさえ差別主義者だったし、ちょっと都合のよい展開が目立つ。
最後、放火されて建物が焼かれるんだけど、結果今でいうサーカスの形(野外にテント張り)になる。
ザック・エフロンと空中ブランコの女の子のカップルが初々しくて良かった。
関連記事
スポンサーサイト





ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 4

まだコメントはありません。
fjk78dead → 

最後まで「灰色のテストを見せる男」が出てきませんでした。

2018/11/19 (Mon) 00:06 | 編集 | 返信 |   
ボー → そうそう、

歌はよかった気が。
彼女のステージの曲なんて、YouTubeを貼り付けちゃったくらいで。
素材からは、このくらいの話にまでしかできなかったのかな、なんて。

2018/11/19 (Mon) 07:59 | 編集 | 返信 |   
maki → >fjk78deadさん こんにちは。

もうそんな人がいたことすら
記憶にないです…

この作品、主人公が一番差別主義だったのかもしれないですね
上流階級の人たちの中には「君たちは不要」的なシーンがありましたね

2018/11/19 (Mon) 15:07 | 編集 | 返信 |   
maki → >ボーさん こんにちは。

私は、メインのひげ女さんの曲よりも、
酒場でヒュー・ジャックマンとザック・エフロンが歌ってるシーン(わかりますか?)のほうが好きでしたねー
実話からなので、あんまり波乱万丈、非現実的には出来なかったのかな

2018/11/19 (Mon) 15:09 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 4

  • グレイテスト・ショーマン・・・・・評価額1650円
  • ショーが魂の呪縛を解く。 19世紀に一世を風靡した伝説的なアメリカの興行師、P・T・バーナムの半生をモデルとしたミュージカル。 極貧の中で育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したバーナムは、家族を幸せにするために、様々な個性を持った人々を集め、誰も見たことのないショーを作り上げる。 タイトルロールを演じるのは、「レ・ミゼラブル」の美声が記憶に新しいヒュー・ジャックマン。 妻...
  • 2018.11.18 (Sun) 22:29 | ノラネコの呑んで観るシネマ
  • グレイテスト・ショーマン
  • 「レ・ミゼラブル」「LOGAN/ローガン」のヒュー・ジャックマンが「ラ・ラ・ランド」でアカデミー歌曲賞を受賞した作詞作曲家チームとタッグを組んで贈る感動のミュージカル・エンタテインメント。誰も観たことのない画期的なショーを生み出した伝説の興行師P・T・バーナムの波瀾万丈のサクセス・ストーリーを華麗な歌と踊りで描き出す。共演は「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」のザック・エフロン、ミシ...
  • 2018.11.19 (Mon) 17:59 | 映画に夢中
  • グレイテスト・ショーマン (2017)
  • ほんに、ヒュー・ジャックマン、超人からミュージカルから何でも出来ちゃうんですね。凄いなぁ…ミュージカルが迫力で楽しく、テンポの良さと、分かりやすさも好印象でした。見られてヨカッタです。     (解説)19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P・T・バーナムを『X-MEN』シリーズや『レ・ミゼラブル』などのヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル。空想家の主人公が卓越したアイデアと野心で世...
  • 2018.12.23 (Sun) 16:12 | のほほん便り