updated date : 2018/11/16

エール!

167862_02.jpg
【概略】
フランスの田舎町。耳の聴こえない家族の中、唯一聴こえる少女・ポーラには歌の才能が秘められていた。歌手になることを夢見て胸を膨らませる彼女だが、家族に猛反対され…。
ドラマ

.0★★★☆☆
田舎で酪農している仲の良い家族で、長女以外は聾唖の設定。この長女に意外な特技が…歌が上手い。
全体的に良い話なんだけど、なんだかどこかでモヤァとするというか、共感出来ないのは、父、母、弟、聾唖の家族全体が娘ポーラに依存しすぎていたからだと思う。
自分たちの事優先でポーラの決断も認めてあげられない両親ってどうなのって思うし。
みな耳が聞こえない訳で、周囲とのコミュニケーションは、娘がすべてやってるっていう…。TV見るのも娘の手話頼り…。これじゃ娘がストレスたまるよー。
紙に字くらい書きなさいよ。PCから音(あいうえお)をだすような装置をつけるとか。
ただ、認めてくれてパリの音楽学校にも入れたらしい最後は良かった。まるで動物の様にキスしまくる家族の図とか。
でも結局、父親の選挙結果はどうなったのだ?やっぱり落選?
トマソン先生が意外といいキャラしてた。
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 2

まだコメントはありません。
fjk78dead → 

そーそー、お前ら娘を頼りにするのもいい加減にしろよ、と見えてしまう。
助け合う姿は美しいが、それが一か所に集中してしまうのは歪みを感じる。

2018/11/17 (Sat) 22:29 | 編集 | 返信 |   
maki → >fjk78deadさん おはようございます。

良い家族なんですけど
全てにおいて娘の手助けがないとってところは、モヤモヤしましたよね
私がティーンエイジャーのあの娘さんだったら、
もう知らない!めんどくさい!とかってなってたかも。

2018/11/18 (Sun) 07:59 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 2

  • 「エール!」
  • 最後の歌に、盛り上がりを集めて持ってきたよね~!
  • 2018.11.17 (Sat) 10:38 | 或る日の出来事
  • 『エール!』をギンレイホールで観て、子供から搾取すなよふじき★★★
  • ▲こんな顔です。映画ではもちっと目が丸っこい印象。 五つ星評価で【★★★ちょっと雑な設定じゃないかい】 女子高生ポーラの家族は父、母、弟、全員聾唖。 耳が聞こえず、手話は出来るが、発声はままならない。 家族と健常者の会話を繋ぐのは専らポーラの役目。 高校に通う彼女には意外な才能が発見される。 彼女の家族が聞く事ができない歌である。 彼女は家族を説得してその歌声でパリに留...
  • 2018.11.17 (Sat) 22:26 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
【このブログについて】【全記事一覧】