ヒューマン・ドラマ

ボヘミアン・ラプソディ

7656841294d74f7b.jpg
【概略】
1970年のロンドン。ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリーは、ボーカルが脱退したというブライアン・メイとロジャー・テイラーのバンドに自分を売り込む。類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、さらにジョン・ディーコンも加わってクイーンとして活動する。やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。
ドラマ

.0★★★★☆
映画館鑑賞。
「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」といった数々の名曲で知られるロックバンド、クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記ドラマ。華々しい軌跡の裏の知られざる真実を映す。
ライヴ感!!!!
正直、クイーンの曲は有名な数曲しか知らないし、でもその知ってる曲はほんとに名曲で(Don’t Stop Me Now、we are the champions、We Will Rock You、Killer Queen、Another One Bites the Dustとかね)そんな状態で観に行っていいものかと悩んだりもした。
アーティストとしても、ボーカルのフレディが白いタンクトップでヒゲの胸毛ってしか知らなかった…あとクロマティ高校のフレディが頭をよぎりますが(←知ってる人だけ笑)
だからなのか、胸熱。感涙。そんな言葉が飛び交ってるところに申し訳ないですが、ストーリー自体はよくある感じ(スター→堕落→再生)だなと思いました。
だけど、数々の曲は良かったし、好きな曲は演奏されたし、なにより終盤のライヴ・エイドでのライヴ感は、本当に素晴らしかった。映画館がスタジアムに変わってた。
あれで、曲でロックユーが入ってたら、足踏みしてパチン、映画館でもしてたかもしれない。ロックユーされてたかもしれない。正直トイレ我慢してたけど、もう何曲か聴きたい最後の21分だった。
メアリーとの関係性が良かった。添い遂げることはできなくとも、魂でつながった運命の人。また、彼女が堕落したフレディに真実を告げるタクシーのシーンはぐっときた。雨の夜。恋人ジム・ハットンと結ばれる過程はうっすらしか描かれてませんでしたが、「喧嘩だってする、家族なんだから」とメンバーと和解するところ、最後父親の望む姿になって認められた(と思っていいんだよね)ところも良かった。
ただやっぱり映画としてはストーリー性にかけてるところが残念に思える。(しかし飽きさせないのが音楽でした。)
実際のライヴ・エイドもYouTubeでみましたが映画が似せているとはいえ驚きました。でもやっぱり本物のフレディのほうが格好よかったね。短いけどロックユーもあったしね☆
弟に感動までいかなかったわとメールしたら、グループに思い入れが少ないからだろ、と至極まっとうな答えが返ってきました。そだねー。年代がね。私が行った回は、年代高めだったわ。
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2021/06/06 Sun )
  • コメント: 16
  • トラックバック: 10
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

  • ここなつ
  • URL
こんにちは

こんにちは。TBをありがとうございました。

正に弟さんがおっしやるとおり!!グループに思い入れがなければ、ピンズドでなければストーリー的には大した展開じゃあないんです、この作品。「ジャージーボーイズ」の方がいい位です。でもでも私はピンズドでしたので、かなりぐっとくる作品でした。

>ここなつさん こんにちは。

そうですよねえ~
絶対リアルタイム世代なら感激しちゃうだろうなあ、という感じでした
その思い入れがないから、
よくあるスターの話って感じに思ってしまうのが残念です
ラストのライヴ・エイドのシーンが素晴らしいからこそ、
まさにそう思います。
ライヴ感は最高でした

  • mig
  • URL

こんにちは、コメントありがとう。
わたしは40代なんだけどそれでも世代的にはやっぱりもっと上ですね、50歳以上の人かなぁ?
わたしはロックも昔から好きでボンジョヴィやエアロ大好きなんですが、クイーンをベスト盤でしかきいてなかったことに後悔、こんなに名曲だったんだなぁって今更ながらでした。
映画としては本当に王道でよくある。でも曲とライヴ感が最高でしたね。サントラも二度目鑑賞の帰り買っちゃいましたもん。

>migさん こんにちは。

私の場合、周り見わたしても、若いと思われるのはカップル1組(20代?)だけでした。
ほとんどが、40~50くらいの方で、まあ
観た回が月曜日の15:15という中途半端な時間だったからかもだけど…。
一時期、私の弟が10代の時にクイーンやマイケルジャクソンなどにはまってたときがあって、
それでベスト盤は私も家にあるんですが
ほんと、名曲ばかりですよね。私も今更ながらです。
とにかくライヴ感が最高でした!最後の21分はリアルにクイーンの曲を聞いてるみたいでした
サントラも迷いましたが、やめちゃいました…
(ベスト盤あるしなーと思って)

名曲、名バンド、カリスマ

曲を聴いて懐かしんで感激できる人が、やはり一番ハッピーな観客ですよね。
ライブ感を楽しんでもらえたなら、よかった、よかった。
私はクイーンの曲は好きだけど、その歴史的なことはあまり知らなかったので、少し知識を得たのもよかったです。

>ボーさん こんにちは。

ボーさんが後押ししてくれたおかげで、
最後のライヴ・エイドを劇場で見ることができました。
アレは絶対、劇場でみるべきですね。
家でレンタルしてみると、そこまで自分のいる場所がスタジアムに変わる感覚が
なかった気がします、ありがとうございます。
リアルタイム世代なら胸あつ必至ですが、
それもクイーンってのがいいですよね
いい曲ばかり!

  • latifa
  • URL

makiさん、初雪、やっと降ったそうですね。
126年ぶりとか、なんとか(多少違ったかも)

見て来ましたよー。
私の時も、年代高かったー。
水曜のせいか、50代くらいの女性が中心。
自分もだけど。

面白かったですー。
弟さん、2人いらっしゃったんでしたよね、前に聞いたのに、忘れちゃってた^^
気の合う弟さんと、映画とか音楽とか共有出来て、いいな!!

>latifaさん こんにちは。

今も雪ちょっとだけど降ってます、まだ積もりはしないけど。
年代高いのはリアルタイム世代でしょうから
そりゃーこの作品気になっちゃうわけですよね
私のときも、4,50代の女性ばかりで(私なんて月曜日ですからね、行ったの 笑)
話はそこまで唯一無二というのではなかったですが、
最後のライブ・エイドのシーンは、
完コピしてほしかったですけど(おおまかには完コピでしたね)
あれは本当にライブみてるみたいで、感動しました

ところでフレディを演じてたのって、
「ナイト・ミュージアム」でエジプトの王子を演じてた彼なのね
もう少し体格的に(フレディの全盛期を思って)肉感的な感じは欲しかったけど
ライヴのシーンは神がかっていました

弟は確かに二人いて、3人姉弟です
末弟とは8つ離れているので、めちゃくちゃ可愛がって育てました(笑)
バーフバリもみてくれるし、そもそもの成長過程でゲームとか映画とか漫画とか
私が好きなもの、集めているもの=彼の世界でもあったので、
そりゃ気も合うわな、というところです。ごめんよ弟よ…(笑)

  • まっつぁんこ
  • URL
高校生

キラー・クイーンの時高校一年で来年還暦です。
リアルタイムで聞いた世代はそのくらいの年だと思います。

>まっつぁんこさん こんばんは。

こんなところで年がばれますよ!!!

でも、そうかー、私が40,50くらいって思ったのって
+10年くらいの差があったわけですね
若いなー今の人。
キラー・クイーンって、でも初期の頃の作ですよね?

  • 名無し
  • URL
まっつぁんこ>makiさん

キラークイーンは1974年ですねー
オレくらいの歳になると見た目は前後20年くらい差があります😖
おまえどうしちゃったんだみたいな😄

>まっつぁんこさん こんばんは。

じゃあ、全盛期ですね!
最近の40代以上の方ってホント若いですもんね
肌もキラキラしてますしー
わたくしもそうなれるかしら…

  • ヒロ之
  • URL
こんにちは!

こちらにも。
クイーンの曲、というかCDを最初に聴いたのが専門学生時、20年も前になります。
寮生活していた頃ですが、そこに洋楽通な先輩、友人が結構いて、貸して貰ったCDが「世界に捧ぐ」でした。
あれの1曲目が「ウィ・ウィル・ロック・ユー」で、なんじゃこりゃ!とドン!と衝撃走りました、ズンズンチャッだけで曲が作れるのかと。
そこからクイーンのCDはほぼ全部聴きましたが、やっぱり自分的には「世界に捧ぐ」が名盤になってます。
映画の終盤、ライブエイドは圧巻でしたよね~。
あー自分もこの場所に居たいなあと思わせる熱さを全身で感じました。

>ヒロ之さん こちらにもありがとう。

おお、そうでありましたかー!

ライブ・エイドの観客が波の様に動くところのシーン、
圧巻でしたね!
ラスト21分、本当のライブを見ているみたいでした!
これは劇場鑑賞でしたので余計に腹に声が響くわで、
とっても良かったです。
私の中ではフレディ・マーキュリー=白いタンクトップのヒゲ
って印象だったのですが、それってだいぶあとのスタイルだったんだなあと思いました。
あと、そんなに「歯を直さないの」とかいわれるほどの
(本物のフレディの)歯のでっぱりでもなかった気がしますね

makiさん、こんにちは。

クイーンかっこ良かったです。ボーカルのフレディと、仲の良いバンドのメンバー。ステージで花形となるのは、彼ら全員なのでしょうが、公共の場の、スターのイメージと、プライベートの個人の実像の違い。それを埋められる事とは、自分を克服するという事で、大勢の前でのライブでは、そうした、メンバーとの葛藤もストレスも、全部抱き締めて、ぶつけている、そして、再生するのが印象的でした。

ライブだけでしか、得られないものがあって、フレディは自分の為に歌っているように見えたのですが、時に、憤慨も力になるという事で、どんな感情もわだかまりも、呑んでしまい、力に変えてしまうような、クイーンの凄さを感じました。

>隆さん こんばんは。

ストーリー性は欠けている(と感じる)のは、
スター映画の栄光と影を活写するのに仕方ないところでもあるのですが、
なによりも差し置いて、ラストのライブ・エイドが素晴らしかったので、
作品としての出来はいいと思います。
DVDになってからも借りて見たのですが、
二度目は最初から流れを知っている事もあって、がっかりするところもなく、
とても魅力的にみえました。
家族だから喧嘩もする、というところで、 わざと「外で待って」というところの
他メンバーのチャーミングさも好きですね。
また父親の望むとおりの形となった和解のシーンはぐっときました。
エイズだというのを知った流れは本当は映画とは違うそうなのですが、
映画の流れとしてはこのままで良かったと思います。
スター誕生的な映画の中では、ベスト1の映画だと思います。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

映画 『ボヘミアン・ラプソディ(日本語字幕版)』(公式)を、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せる作品。 ★★★☆☆ &nb...

映画館で本作が上映される中、幼い子供のように頬を伝う涙を手のひらと手の甲の両方使って拭っている人がいたら、それは私である。そんなに泣くほどのことはないだろう、と、もう一人の客観的な私がつぶやき、事実泣くほどのことはないストーリーなのかもしれない。だが、クイーンは青春のバイブル。あんなこともこんなこともあった私に伴走してくれた。ジェネシスと共に私には宝石のようなバンドであった。クイーンは私にと...

伝説のバンド“クイーン”の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。バンド・メンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーの全面協力の下、バンドの誕生から、今なお語り継がれる“ライヴ・エイド”での奇跡の復活までが、全編を彩るクイーンの名曲の数々をバックに、自らのコンプレックスと格闘し続けたフレディ・マーキュリ...

その歌は永遠に・・・ 唯一無二とはこういうのを言うのだろうな。クイーン、そしてフレディ。 ラミ・マレックのフレディ・マーキュリーが素晴らしい。最初にフレディ役の配役を聞いた時、あまりの違和感に「大丈夫かな」と思ったのだけれど。ラミ・マレックは「ナイト・ミュージアム」のエジプトの王子から「ミスター・ロボット」など、好きな役者さんのひとり。でもフレディじゃないと思った。それが...

映画 『ボヘミアン・ラプソディ(日本語字幕版)』(公式)を、本日(11/19)に 2度目の劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準:映画用】 ★★★★★  傑作! これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ★★★★☆  秀作! 私が太鼓判を押せ...

去年、巷を席巻して、多くの受賞となった話題作を、ネットでレンタル大画面で、思う存分、堪能できましたなるほど、みなさんの、ソックリさんぶりがハンパなく、オハナシも、ありあまる才能と繊細さがゆえの光と影。メンバー達の友情も温かく、上手に作られてました。ヒットも納得です。音源は、まんま使ったのが成功も一因ですね。役者さんの熱演と、なりきりも素晴らしかったけれど、エンドクレジットでの、本物の、あまり...

   "Bohemian Rhapsody" [ボヘミアン・ラプソディ] 先日、嫁さんがDVDをレンタルしていた『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました。 -----story------------- 伝説のバンド「クイーン」の栄光と知られざる苦闘の物語を、リード・ヴォーカル「フレディ・マーキュリー」の短くも壮絶な人生を軸に描き出した感動の音楽伝記映画。 バンド・メンバー「ブライアン・メイ...

作品をより楽しむための"7つの私の推しポイント"に迫る! 「クイーン」のメインボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描き、全世界で社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』が、今夜6月4日(金)「金曜ロードショー」にて地上波初放送。そこで、作品をより楽しむための7つの私の推しポイントに迫った。 「音楽」と言う様式美を非常に意識した構成 まず、この映画は、「音楽」と言う様式...