メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ダークタワー

2018/11/04  15:11
4
2
n_606rdd81208rpl.jpg
【概略】
少年ジェイクは毎夜同じ夢にうなされていた。夢で見た場所をたどって、現実世界と夢で見た異世界が時空を超えて繋がっている場所を発見する。<中間世界>という異界の地で、ジェイクは拳銃使い<ガンスリンガー>に出会う。彼は2つの世界のバランスを保つ塔=ダークタワーを守る最後の戦士であり、タワーの破壊を目論む<黒衣の男>を倒すため旅を続けていた。一方、ジェイクの持つ特殊な能力に気づいた黒衣の男は、その強大なパワーを求め、ジェイクたちの前に立ちはだかる。いま、ガンスリンガーと黒衣の男が相まみえる!!
SFアクション

.0★★★☆☆
スティーヴン・キングの長編小説の短縮映画化で、現実世界と異世界の崩壊の危機を壮大なスケールで描きすぎてようわからん感じになった、SFアクション。
イドリス・エルバのローランドは格好良かったです。エクスカリバーの銃…。
この作品はキングのライフワークと称する作品で、「ガンスリンガー」であるローランドと仲間たちの壮大な旅を描いたもの、その一編。まるで主人公の様に描かれているジェイクは、「カ・テット」という仲間の一人であり、ローランドに一度は見捨てられるも後に救われるという序盤の二作の話をかいつまんで映像化しているようです。
ただ95分という短尺の割には、大作感を感じさせられもして、もともとのストーリーの壮大さが窺えるというもの。しかし(原作を)読む気はない。
マシュー・マコノヒーの黒衣の男が意外とあっさり…。当然生きてるんでしょ?あれ。
もうちょっと予算と時間があったら期待できそうな映画でした。まあ、想定内の出来事が色々と起こりはするんですが。
後半の銃撃戦、ガンスリンガーのリボルバーへの速攻弾丸装填が見どころ。純粋にかっこよかった!
で、最後の一騎打ちのシーンで、囚われて縛られたジェイクが例の「心で撃つんだ」とテレパシー送ったりして。
王道のファンタジー的な話で鑑賞して気分が悪くなるような話ではなかった。母親と義父は殺されちゃったけども、「一緒に行くか?」の最後のローランドのひとことで救われたよね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2018/11/04 21:34

今日見てきた旧作「キャプテン・スーパーマーケット」にもエクスカリバーらしき剣が出てきてました。ブルース・キャンベルが自分のスーパーから持って来たショットガンで撃たれて刀身折られてました。
コメントアバター画像
maki 2018/11/05 14:59

>fjk78deadさん こんにちは。

ありましたっけねー、そんな展開。

なんにせよ、エクスカリバーの銃ってところは中二心をくすぐられますね
ただ長い話だそうなんで、原作読む気はないんですが^;
コメントアバター画像
ボー 2018/11/09 07:18

得楠狩場

悪くはないですけど地味めでしたよねー。
精神集中して、遠くの敵に銃弾を当てるのが一番かっこよかったかなあ。
あ、原作では少年、主役じゃないですか!?
コメントアバター画像
maki 2018/11/09 15:07

>ボーさん こんにちは。

確かに、あのシーンが一番格好良かったかも。
心で当ててたシーンですよね。

壮大な大作なんでしょうが、やっぱりキング作品は映像化すると…という
「と」がつくのがなんともね~。
あと万能の力をもつ黒衣の男があんな簡単に倒されるってのも…^;

原作は読んでませんが、ウィキペディアに色々のってましたー

コメントの投稿

トラックバック

ダークタワー - 映画に夢中

スティーヴン・キングのライフワークともいわれる一大巨編を「パシフィック・リム」のイドリス・エルバと「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒーの共演で映画化したファンタジー・アクション。主人公の少年ジェイク役には映画初出演のトム・テイラー。監督は「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のニコライ・アーセル。あらすじ:ニューヨークに暮らす少年ジェイクは、毎夜おなじ悪夢にうなされていた。それ...