ラブロマンス・青春・コメディ

ピーターラビット

n_606rdd81340rpl.jpg
【概略】
ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。亡き両親のことを想うと寂しいけれど、ビアの存在がすべてを吹き飛ばしてくれる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症で動物嫌いのマグレガーが隣に引っ越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと、あの手この手で動物たちを追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの‘恋心’も絡まって思わぬ大事件に発展!ピーターはあるミッションを秘めて、初めてのロンドンへ向かうのだが―。
コメディ

.0★★★☆☆
ピーターラビットには特に思い入れもなく、あと私ウサギを飼ってるので…ウサギ可愛いかな、とか単純な気持ちで観ようとしたのですが…。
世界的に有名なピーターラビットの実写映画ということで、どんなほっこり映画かと…。しかしまあ、そうか。公式でお父さんはパイ(捕まって人間にパイにされた)とかだもんな。可愛いっていうかシュールに決まってたわ…。
心を穏やかにしたい人にはオススメ出来ない映画でした。これ、別にピーターラビットじゃなくていいんじゃねの。ウサギを擬人化行動させすぎだし、男の方も大人げないけど、ウサギたちもやりすぎ。殺伐としすぎてて引いた。
物語の展開も、とにかく笑えない、感動出来ない、ほっこり出来ない。
これでウサギがうっとりしちゃうくらい可愛いのならまだしも、なんだよね。うちのウサギは茶色のホーランドロップなので、ベンジャミンが一番近いのですが、たまにあっうちの子!と思う時もあるけれど、ほとんどはウサギがキュンとするほどは可愛くない…。
せっかくピーターラビットの実写化なのに、単純なウサギVS男性映画でした。
結局ビアのため、ロンドンに戻ったトーマスを説得して、自分たちが爆弾を使った事、何でも出来ることを明かして、売り家になっていたマグレガーの家も「作戦」で取り返して大団円ラスト。このラストは嫌いではないけど…過程がなあ。
ウサギの姿だからまだ可愛くてコメディー映画って事で済んでいるけれども、これネズミだったらどうよ?ビアだってさすがにネズミの味方にはならんでしょ。
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2019/03/04 Mon )
  • コメント: 2
  • トラックバック: 6
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

  • fjk78dead
  • URL

ネズミはミッキーだから大丈夫なのでは?

>fjk78deadさん おはようございます。

うーむ、それはどうかな
リアルネズミを、=ミッキーととらえる人は少ないんじゃないかな

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ビアトリクス・ポターの名作絵本をCGと実写で映画化したコメディ・アドベンチャー。イギリスの美しい湖水地方の田舎町を舞台に、画家のビアや仲間たちと楽しい毎日を送るウサギのピーターが、都会からやって来た神経質な青年トーマスと、自分たちの快適な生活を守るべく熾烈な攻防を繰り広げるさまとを、ビアとトーマスの恋の行方とともにコミカルに描く。出演はローズ・バーンとドーナル・グリーソン、声の出演でジェーム...

ピーターと妹たちは、いつもマクレガーをからかい、その畑から野菜を盗んで暮らしていた。その隣には画家のビアという若い女性が住んでいて、ピーターたちの味方をしてくれていた。ある日マクレガーは突然心臓発作で亡くなってしまう。これで好き勝手やり放題だと喜んだピーターたちだったが、それもつかの間、ロンドンからマクレガーの甥トーマスが遺産を相続してやってくる。潔癖症で神経質なトーマスはピーター達を追い出...

豊洲で同日に見た2本をまとめてレビュー。 ◆『ピーターラビット』ユナイテッドシネマ豊洲12 ▲控えめに言って、カラーギャング。 五つ星評価で【★★★恐るべき害獣】 映画内で老マグレガー氏は「兎を害獣」と断言する。 それはとても強い説得力を持っている。 ヒトは自分の統制下に収められない自然に対しては明確に敵意を持つ。 隣人のビア嬢は兎を可愛がっているが、 彼女が彼等...

イギリスの湖水地方。 ウサギのピーター、三つ子の妹プロプシー、モプシー、カトンテール、従弟のベンジャミンは、いつも優しくしてくれる若い女性画家ビアが大好きだった。 ある日、動物たちの天敵だったマグレガー爺さんが亡くなり、相続人の青年トーマスがやって来た。 動物嫌いの彼がビアと仲良くなり、ピーターはショックを受ける…。 コメディ。

スリリング過ぎるマクレガーさんの庭 公式サイト http://www.peterrabbit-movie.jp 監督: ウィル・グラック  「ANNIE/アニー」 「ステイ・フレンズ」 イギリスの湖水