updated date : 2018/10/06

エアポート2018

n_603albd9570rpl.jpg
【概略】
ロサンゼルス発ニューヨーク行きUS57便。家族の元へ帰る者、旅行者などで機内は賑わっていた。しかし、管制塔でも予測されていなかった巨大な雷雲が、突如機体の眼前に現れ、そのまま機体は乱気流へと飲み込まれる。手動操縦に切り替えなんとか難を逃れ、一同が安堵する中、乗客の一人が急に発狂して暴れ出す。連邦航空保安局のタデウスが取り押さえるが、その乗客は、なんと飛行機の翼の上に人が立っていたと言う。皆にわかには信じられなかったが、その後も機内で不可解な出来事が次々と起こり始め…。
パニック

.0★★★☆☆
このシリーズ、初の試み。パニックはいつも通りだけど、なんとホラーです!!
乗客全員幽霊を見る!?イケメン機長が殺人鬼!副操縦士がなんとか着陸する。という3拍子揃った作品。
とはいえ、乗客に対して(乗り移ったりとかはあるが)被害があるわけではなくって、自分らを殺した機長に復讐という流れなので、ホラーと言えどもやっすい感じは否めません。が、このシリーズでホラーがみれるとは思わなかったので嬉しかったよ。
乱気流の中、冷静にふりかえってみようと、幽霊が出た原因を皆で探り、冷静に事が運ぶのが、面白い(笑)
誰も取り乱さないのは、実際に女の霊をまじかでみたせいで、気持ちが結束してるんだけどね。
結局、暴れる機長を霊たちが自分で銃で頭を撃ち抜かせても、あの世でも恨みを晴らす女たち。怖いね!(^_-)-☆
このシリーズ、回を追うごとに色んなジャンルを取り入れてってる気がする。
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 0

まだコメントはありません。

コメントを書き込む

トラックバック数 0

【このブログについて】【全記事一覧】