アニメ・CG・人形劇

劇場版「進撃の巨人」Season 2-覚醒の咆哮-

n_613pcbg52786pl.jpg
【概略】
大ヒット漫画「進撃の巨人」のTVアニメを再構築した劇場版。2018年放送予定のSeason3に繋がる覚醒の物語―。壁とは何か。戦士とは誰か。真実は何処にあるのか。信念、衝動、運命が今激突する。
アニメーション

.0★★★☆☆
劇場版(前編・後編)を見て、その続きということで見ました。前作劇場版同様、総集編としてわかりやすくまとまっていると思います。
ただ、今回はなんとなくメイン的な話はない印象…第三期につなげるための謎が深まった感じ。
「●時間前」ってのが多くて、若干混乱する。まあ、人類側の中に巨人が実はたくさんいるってのはわかった。
エレンは相変わらずヒロインの座ゆずらないな…。ミカサは可愛い。リヴァイ兵長の動きはほとんどなしでした。
「座標」とか言う能力をエレンが手に入れるまでの話なんですね。
あとクリスタ(ヒストリア)の正体も本作だけではよくわからず。あとで調べてみたよ。真の王家の唯一の血筋…始祖の巨人…ほほーとなった。
話飛び飛びだからか、ちょっと謎のところもあるけれど安定の面白さ。見ている間はあれこれ考えず楽しめる。
EDの後におまけもあるよ。Season3はもうはじまっているのか。
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2018/08/29 Wed )
  • コメント: 2
  • トラックバック: 1
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

  • fjk78dead
  • URL

編集物だから、切る切らないでかなり大変な思いをしてると思うのだけど、出来上がるとスッキリしてて、ちゃんとまとまってる。アニメ進撃はこの辺がいつもプロの技だよなあと感心させられる。

>fjk78deadさん こんばんは。

普通に面白いって難しいですよね
土台がしっかりしてて、ちゃんと後先考えられてつくられてる感。
EDの曲もかっこよかったので、途中で切らずに
最後までみて、おまけ映像もみれちゃった。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する