メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ザ・リング リバース

2018/07/15  16:31
4
1
n_623dabr5323rpl.jpg
【概略】
「見た者は7日後に必ず死ぬ」と言われる‘呪いのビデオ’。呪われた人間は恐怖の奈落へと突き落とされ、恐ろしい形相で亡くなるという。恋人ホルトの身代わりとなり、呪いのビデオを見てしまったジュリア。それ以来、奇妙な出来事が彼女の周囲で起こり始める。助かる方法はただ一つ、「ビデオのコピーを取り、誰かに見せること」。しかしジュリアのビデオはなぜか複製することが出来ず、それまでには存在しなかった、新たな映像が加わっていた―。
ホラー

.0★★☆☆☆
いったい何番煎じなのか?毎度同じ展開にがっくり。
まあ、時代を反映して、動画ファイルで拡散するスタイルになりましたねー。
そして薄型テレビにも対応済み。サマラさん画面が下でも頑張って出てきてました。
トカゲの尻尾切りのようにコピーを「テール」と呼ばれる対象者に見せるという行為は褒められたものではないが、なんでかサマラの研究している教授という…。噂だったものから本物とわかって興味対象になったのかな?
謎解きも都合がよすぎる。サマラの過去がさらりと語られ、ああそうだったと。
教会での聖職者による性虐待・監禁とか、よくある感じの動機が微妙に感じます。消えた少女エベリンは(監禁されて)「消えた」。その少女こそサマラの母親、妊娠し、子供を産んだ…。父親は盲目の、あの男。
サマラの出自はわかったけど、こういうのって謎が解けるほどに恐怖は消える。救いに来たジュリアのために呪い発動するサマラ…えっ。
でも遺体を見つけて終わりではない。リバース。「永遠に続くの」
正直、傘のバッと開く音が一番ビビった(笑)
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
ヒロ之 2018/07/16 17:57

こんにちは!

うん、これも面白くない(笑)。
新しい試みはあるけれど、それがホラーとしての怖さに繋がっているのかとなるとそうでもないですし。
最後はもうなんか無茶苦茶にして終わらせてるし、リングはオリジナルだけで十分。
コメントアバター画像
maki 2018/07/16 19:06

>ヒロ之さん こちらもありがとう。

リバースというオチが、いまひとつでした。
やっぱり今更感はありますよ。今更サマラなの?と。
もともと、サマラ自体が、義母に殺されかけて井戸で7日生きてたっていう呪い少女で、そこの設定の明らかになっていない部分を本作で明らかにしちゃったわけですが(本当の母親)、なんでか遺体を発見したら救われるとか思い込んじゃってるけど、導かれてるとかさ…、怨霊って、そんな簡単な事で怨念なくなるわけじゃないでしょってのがあるわけで。

ただ、映像的に画面が下になっている薄型テレビからのサマラ登場は
良かったように思います。床を這うように登場。
コメントアバター画像
fjk78dead 2018/07/16 21:41

貞子さん、けっこういいおみ足で。
コメントアバター画像
maki 2018/07/17 17:56

>fjk78deadさん こんばんは。

ふくらはぎが肉感ありますよね。

って ちがーう!!!

薄型テレビに対応済みのサマラさんに笑ってしまいました
床から這うように出てくるの、なんか良かった(笑)

コメントの投稿

トラックバック

『不能犯』『花筐』『巫女っちゃけん。』『ROKUROKU』『ザ・リング リバース』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

最近見た5本まとめてレビュー。 ◆『不能犯』ユナイテッドシネマ豊洲2 ▲キャッチ・セールス笑顔。 五つ星評価で【★★★松坂桃李君と沢尻エリカ様】 原作ものだけど原作マンガ未読。 白石晃士監督は好きな監督だから点が甘いけど、超大傑作と何か忘れ物しちゃったみたいな映画の両極端を撮る人で、今回は後者かな。どうもタイトルロールの「不能犯」その人が謎の人すぎて、テクニックは感じら...