アクション・SF・歴史・パニック

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

n_611vwkr6639rpl.jpg
【概略】
伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの下で修行を重ねたレイは、やがてダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑んでいく。
SF

.0★★★☆☆
カイロ・レンは相変わらず物に当たるのが好きね。
そして新しい生物は不気味すぎ。乳の生物もそうだけど、あの小さいうるうる目のネズミ鳥みたいなの見てゾッとしたわ。レース用のでかいヤギみたいなのは可愛かったけど。
ルークがレイのフォースを導いてるシーンで、レイのフォースの力の強大さが感じ取れなかった。後半の岩のシーンでようやくといったところ。
あとレイとカイロ・レンの手の触れ合いはなんかファーストキスをみているようでこっ恥ずかしかったですよ。
巨大なフォースを持っていたはずなのに最高指導者あっさり。
だんだんとカイロ・レンがカッコよく見えてくる不思議。
あとフィンもてすぎだろ。
ローグ・ワンと比べちゃうと、面白さ半減は仕方ない。相変わらずワクワク感は薄いし、おちゃらけも満載(愛嬌と言うべきなんだろうけど)。なんか中学生の恋愛をみているかのような展開で(カイロ・レンとレイ)ある意味ピュアってた。
分身ルークVSカイロ・レンのシーンは見どころでした。「また会おう」の直後、まさに生命を燃やし尽くしたかのように、物理的にルークは消え去るのです…。
でもあれ劇中でも言われてた通り、魂に刻み込まれた師の姿は、永遠にカイロ・レンの中で生き続けるのだろうね。永遠に超えられない師を追い続けるのかな。
名乗り上げてる二人をみて、違和感。あれ、ポーとレイって初めてだったっけ??というかポーの性格が…。
で、最後に、反乱軍の印を思い返してポーズをとる男の子(ジェダイの騎士に憧れる)がかわゆい。次代の反乱軍戦士だね。火花。
関連記事
ジャンル: 映画
テーマ: 映画感想
( 最終更新日: 2018/11/30 Fri )
  • コメント: 6
  • トラックバック: 5
ランキングに参加しております。 ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ

シェアする

コメント

  • ヒロ之
  • URL
こんにちは!

コメント&TBありがとうございました。
これまでのSWとは少し毛色が異なる作風だったかなとは思います。
監督によってはこうも雰囲気が違ってくるものなんですね。
私はかなり遅れてやってきたルークの勇ましさを観れた事だけが一番の満足でした。
孤独に命散らしていく姿も素敵に見えたんですよね。
レイア姫は救出されましたが、女優さんが亡くなられているので、次作にどう繋げるのか気にはなります。

>ヒロ之さん こんばんは。

新キャラとしては、ローズが好きになれなかったです
なんかあの冒頭の女性のシーン引っ張るな?と思ったら家族だったんですねえ…
フィンとローズ、もう勝手にやってけろ、と思いましたよ
どうもやはり私にはフィンは魅力薄なのです
レイア姫は、今回の危機を乗り越えてしまったので、
キャリーさんが亡くなってしまいましたが 
SWお得意の冒頭の数年後の話~とかでごまかすんでしょうかね?
ルークの孤独は、力を知る者だからでしょうねえ
そして物凄い力を示して、存在が消えてしまいました…。
しかし、子供たちの中では伝説のジェダイ・マスターとして、
おとぎ話のように永遠に生き続けるのでしょうね

ヨーダが言っていました。自分たちを乗り越えてもらう~と。
たったあれだけしか教えられていないレイに、
乗り越えることは出来るのでしょうか。
次作が最終かな?気になりますね。

  • メビウス
  • URL
好き嫌い半々

makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

個人的には冒頭のドッグファイトとかルークとカイロ・レンの過去の関係を紐解いていく前半辺りは面白かったのですけども、スノークのあっさり感とか師匠の幻影と戦ってましたとかの後半はちょっと思ってたのと違う・・・あんまり好みじゃない展開にもなってしまったので、まあ良くも悪くも好き嫌い半々な感じでしたね^^;ライトセイバーのバトルも心なしか少なめに見えてしまったので、イチドンパチ好きとしては満腹には少し届かなかったところw
最高指導者も死んでないと思いたいんですけど、胴体真っ二つだから無理かな?・・でも親衛隊の人達はメチャクチャカッコ良かったので次もカイロ・レンの護衛みたいな形でまた出て来てもらいたいものです♪

そうそう、あの鳥、かわいくないですよね! 食われて当然(ひどい)
ポーさんは、私と名前がほぼ同じなので憎めないのですが、今回はやんちゃな暴れん坊みたいに…。どうもすいません。
なんだかんだで、次は楽しみです。

>メビウスさん こんにちは。

私基本的にスターウォーズの銀河ドッグファイトとかが、
燃えないというかあまり好きじゃないのかも。
そんなにスターウォーズと聞いて「観なきゃ!!」感もないですし、
本シリーズ自体に興味がそんなにないのかもしれない。
多分それが顕著になったのは、EP1-3が作られたあたりでから。
それまでは子供心にダースベイダーカッコいい!というのがあったのですが
(小さなダースベイダーフィギュアももってましたし)
なんか違う…というのがたぶんあるのでしょうねえ。

ライトセイバーバトルは確かに本作いまひとつでした。
とはいえ、なんででしょうカイロ・レンの不安定こそが、
本作では魅力的に映り、実は影の主人公は彼なのでは…とすら思えてきちゃうフィーチャーぶり。
次作では最終局面ですが、どうなるんでしょうねえ。

>ボーさん こんにちは。

鳥でいいのかな?ネズミ鳥。キモかったですねえ。
あれがかわいいと認識されているのが驚きです。
うるうる目がでかすぎてとびですぎて、気持ち悪いです。

ポーさんは好きなキャラなので、本作でのやんちゃ空回りぶりには
びっくりでしたが、(前作こんなキャラだったっけ?と思う)
生存本能高そうなので、次作でも生き残ってくれるでしょう!たぶん。
血気盛んなハン・ソロ的な役回りだったのが気になりますが。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

【監督】ライアン・ジョンソン 【出演】マーク・ハミル/キャリー・フィッシャー/アダム・ドライバー/デイジー・リドリー/ジョン・ボイエガ/オスカー・アイザック/ルピタ・ニョンゴ/アンディ・サーキス/ドーナル・グリーソン/アンソニー・ダニエルズ/グウェンドリン・クリスティ/ケリー・マリー・トラン/ローラ・ダーン/べニチオ・デル・トロ 【公開日】2017年12月15日 【製作】アメリ...

レイア・オーガナ将軍の命を受け、レイとチューバッカはR2-D2を連れ、隠遁生活を送る伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの元を訪れるが、ルークは話を聞こうともしない。 一方、レジスタンス軍は敵ファースト・オーダーのカイロ・レンの攻撃によって大きなダメージを受け、既に燃料も尽きかけていた…。 SFスペースファンタジー「スター・ウォーズ」シリーズ第3部第2話エピソード8。

  スター・ウォーズ/最後のジェダイ Star Wars: The Last Jedi   スター・ウォーズ新作観てきました。 今回は賛否両論ですよね。そりゃそうだ。 シリーズに詳しくないもので、簡単な感想を。 映画データ 製作年:2017年 製作国:アメリカ 監督/脚本:ライアン・ジョンソン 出演:マーク・ハミル    キャリー・フィッシャー ...

随分、賛否両論だったみたいですね。でも、たしかに「そ、その展開は…」だっただけに、アンチの気持ちも、分かるなぁ… と感じてしまったのでした。個人的には、それが確認できて、納得    (解説)「スター・ウォーズ」の10年ぶりの新作として大ヒットを記録した「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物...