FC2ブログ

ホーンテッドテンプル~顔のない男の記録

maki

A1srevgPCrLSL1500_.jpg
【概略】
車椅子に乗った顔中包帯巻きの男にモニターが突き付けられる。そこには、幼馴染みのケイトほか3人がある廃寺に行く様子が映し出される。そして、3人に恐怖が襲い掛かり…。
ホラー

.0★★★☆☆
日本旅行にやって来たアメリカ人大学生たちに襲い掛かる恐怖。
前半は、怪奇事件の記事、民族誌や、民家の街並みや柴犬、狐、僧侶、山奥にひっそり佇む寺や仏像などの日本のしっとりした和の雰囲気を楽しめる。しかし、実はこの作品は、その和の雰囲気だけを残した完全なるアメリカンホラーでした。
恐怖に対する情報などががっつりないので、謎として活きてこないし空回りをしている感。
伝承や呪いといった日本の湿った雰囲気で展開しておきながらいきなり後半モンスター・ホラーへと展開する雑さ。それもラストにすべて解決しない。クリスがジェイムズを殺したという映像は残されているが、それも、三人に何が起こったのか、狐憑きの状態なのか、6人のいなくなった少年たちがどうしてああなったのか、僧侶がなぜ殺されたのか、ケイトに何が起こったのか、その辺ももやもやー。
不自然にもほどがあるが英語の話せる爺さんなどはまあ愛嬌としても、お粗末すぎる恐怖演出や登場人物の行動に、終始ツッコむばかりの作品でもありました。
中盤くらいまでは雰囲気たっぷりなのに、後半の雑さが残念すぎ。何がどうしてそうなるんだかよくわからない。
結局クリスは重要参考人兼容疑者として警察医療を受けているという事なんだろうけど、最後逃げ出す過程で人を殺すのもわけわからないし。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
Posted bymaki

Comments★ 4

まだコメントはありません。
ねむりねこ → ちょっと何がしたかったのか・・・

makiさん今晩は

この映画は日本が舞台とはいえ少しだけで日本っぽい場所でロケかと思ったら
がっつり日本ロケしてたんですね、良かった点は竹中直人や内田朝陽さんだけ
ではなくエキストラもちゃんと日本人だった点ですね
それ以外となるとmakiさんの指摘通り突っ込みどころがあります
結局何がしたいのか?6人の子供の悪霊の話ならキツネのバケモノいらないし
演出面についても?なところが多くJホラーが取りたかったけど詰め込みすぎ
てワケがわからなくなったパターンのような
最後に至ってはラスト手前で撮影辞めたって感じに見えて下手くそかって思い
ましたw

2018/05/13 (Sun) 19:27 | 編集 | 返信 |   
maki → >ねむりねこさん こんばんは。

そうそう、そうなんです。
がっつり日本ロケ&日本人キャストでしたね。
その点、田舎が舞台とはいえしっとりとした雰囲気で良かったとは思うんです。
…ですが、ご指摘通り撮影諦めたかのような終わり方が、
なんですのこれ。という感想をもってしまう要因に。

冒頭の6人の少年が行方不明になった記事とかで期待もたせておいて、
結局なんだったの?という疑問しかわかない作品でした…。
狐いらなくね?とか、思うんですが…
なにより、3人1部屋で泊っておいてカップルちちくりだすとか、
デリカシーのかけらもないなと主要キャラの好感度が低く、
結局包帯男は誰というのも、視点が最初からクリスだったのでバレバレすぎでした。
その辺の描写も曖昧で、少年たちにやられたにしろ、ジャケ画像とは違い包帯ぐるぐるするほどの怪我でもなかったですよね…
ほんと、いいとこなしです とほほ

2018/05/13 (Sun) 19:48 | 編集 | 返信 |   
ヒロ之 → コメント&TBありがとうございました

取り合えず竹中直人はラスト、棒立ちにならずに何かしらリアクション取れよ、と。
結局何だったのか良く分らないてのは、色んな要素を詰め込み過ぎたのかもしれませんね。
子供達の呪いてのを重点に置いて作れば良かったような気がします。

2018/07/04 (Wed) 16:44 | 編集 | 返信 |   
maki → >ヒロ之さん

子供たちの呪い、虚無僧、狐、
一体どれを中心にしたかったのでしょうね?
海外の方のイメージの不気味なものを全部もってきた、としか思えない。

竹中直人にいたっては、とくになにもせず…で
海外映画出演でいいのか?いいのか?と思えてしまう出来でしたね

2018/07/04 (Wed) 20:12 | 編集 | 返信 |   

Leave a reply