夜歩く

maki

of8bm3d8.jpg
【概略】
名家の一人娘を巡る殺人事件の謎に迫る、名探偵金田一の活躍を描いた推理ドラマ。
サスペンス


.0★★★☆☆
古谷一行が金田一耕助に扮した、横溝正史原作ミステリーのTVシリーズの一作、全3話。
原作は、首の挿げ替え殺人、脅迫文、古神家の因縁、二人の傴僂男と、なかなか面白い作品なのだけれど、このドラマ版では、オリジナルで金田一の友情物語などを追加しているのため、説明が不充分なうえ余計なものが付け加わっている。ヒロインの狂言回し的役割も巧く融合できていない。非常に残念。
また屋代寅太と仙石直記の関係も上手く描けてない上、どちらも悪い面の部分に緊張感が生まれない。途中から、原作でも後半「鬼首村」が舞台になり(原作では磯川警部が登場)本作では本来脇役に過ぎない金田一が目立って見えてしまう、これではダメだ。原作では寅太の小説として書かれており、部外者である金田一は後半にちょろっと出てきて謎をちょちょいと解明してしまうのである。
二人の傴僂男というところがバッサリなくなっているため、不気味さが消え、蜂谷のことも(蜂谷でなければならない意味合いがなくなる)お静のこともそうだが、仙石直記にあれほど頼んだお静が気が狂うほどにおもちゃにされた悲劇に、発狂しかけた者の犯行にしては、単なる痴情のもつれ話になってしまっている点もマイナス。
脚本が悪すぎて、せっかくの映像化が勿体無い。これは失敗作だなあ。ちなみに本作でも日和警部。
屋代寅太もいい男過ぎる。朴念三流探偵小説家には到底見えない、と思ったら直記とは従兄という関係になっていて(設定自体が変わっている)、八千代の無分別なところも、古神家の「得体の知れない妖気」とかも全然感じないですね。色々な点が原作と違っている。原作と比べすぎだとは思うが、それにしても改悪である。
キャッチのときの夜歩き女性の姿見が怖い^;かなりホラーですわ。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
Posted bymaki

Comments★ 0

まだコメントはありません。

Leave a reply