リベンジ・トラップ/美しすぎる罠

maki

z778zyup.jpg
【概略】
ある日、自宅を訪ねてきた謎の男にレイプされてしまった看護師・ミランダ。心身に傷を負った彼女は、刑務所に収監されたレイプ犯に手紙を送る。やがて男の下へと面会に行き…。
スリラー


.0★★★☆☆
題名でリベンジ物だってわかっちゃうじゃないですか。だから、どのようなリベンジなのかが気になる本作であります。
ある日、自宅を訪ねてきた男に暴行されてしまった看護師のミランダ。心身に傷を負った彼女は退院後、刑務所に収監されたレイプ犯に手紙を送り続ける。しかし、手紙は封が開けられぬまま全て返送されてくるのだった。そこでミランダは、男の元へ面会へ行くことに。ワンピースに着替え、綺麗にメイクをし、何度も男に会いに行くミランダ。次第に2人の距離が縮まる中、遂に男が出所することになるが…。
女性からすれば殺害されるのと同じくらいの衝撃を受ける強姦。しかしミランダはきれいに着飾って犯人に会いに行く。犯人はそれを気持ちが悪いとは思わなかったのだろうか。それともそれがわからないほどのアホなのか。いや、そもそもミランダの事を好きだったから、ああいうことをしたわけで、本当に「修復」出来ると思っていたのか。
娘を暴行した犯人を目の前にした父親の気持ちも描かれているが…。
ミランダは犯人ウィリアムに凍結防止剤を盛ったレモネードを与え、「オペ」しちゃうんですね。
手術の看護婦を目指していたという伏線ですが、「あーそれ盛られてるよ」というのが的中で、そのあともたいしたことなかったので、あんまり暴行の鬱憤を晴らす感じにはならなかったですね。
ただ「母親を殺した」と言うのは事実でしょうね。父親がいうところの「分別あるいい娘に育った」のは表向きだったのでしょう。手術の看護婦を目指すのも生死を管理したかったから。全然まともな人間ではなかった、というオチ。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
Posted bymaki

Comments★ 0

まだコメントはありません。

Leave a reply