[リミット]

maki

w6051gni.jpg
【概略】
イラクで民間ドライバーとして働いていたポールは、何者かに襲われ真っ暗な木箱の中で目を覚ます。状況が理解できない彼は、何とかして助けを呼ぼうとするが…。
サスペンス


.0★★★☆☆
閉所恐怖症になりそうです。暗くて狭くて息苦しい。
ライアン・レイノルズさん主演のワンシチュエーション劇。舞台がほぼ棺の中で成り立っています。これ究極の低予算?
この手の作品では、「なぜこのような目にあっているのか」「どうやって脱出するのか」「どのように助けられるのか」が中心だと思いますが、この作品も次第にそれが明確になってきます。でも予想外の蛇なんかもでたりして、びっくりした。
ろくに体も動かせない棺の中で 空気はだんだん薄くなっていくわ、ライターのオイルの残量も減るわで、発狂だってしかねない状況ですよ。ここで携帯電話が非常に役立ちます。圏外じゃなくて良かったわ^;
それにしても、電波残量残り少ないうちからあんな使いまくったらすぐ電池きれちゃうんじゃないの?とツッコミたかった。これがなかなか切れないんですよね~すごいなあの携帯。
最後一体どうなるのかの一点だけで、集中して見る事ができる作品に仕上がっているのは素晴らしいのですが、あのラストの展開にはちょっと呆然。マーク・ホワイトの名前を出したのは、安心させるためだけだったんだね。後味の悪い作品でした。
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
Posted bymaki

Comments★ 0

まだコメントはありません。

Leave a reply