FC2ブログ

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

maki

4ac423e7733ac4c5.jpg
【概略】
高校の地下室で居残りをさせられていた4人の生徒たちは、「ジュマンジ」というソフトが入った古いテレビゲーム機を発見する。早速そのゲームで遊ぼうとする4人だったが、キャラクターを選択した途端にゲームの中に吸い込まれ、各キャラクターのアバターとなって危険なジャングルの中に放り込まれてしまう。
アドベンチャー

.5★★★☆☆
映画館鑑賞。
JB可愛いよJB。
まずは1996年にアレックス青年が手にしたボードゲーム。まるで世相を反映したかのように、夜中にボードゲームからビデオゲームへと変わり、彼を飲み込んだ。そして現代、4人の居残り高校生が、ゲームを見つけ、同じようにちょっとプレイしてみようとキャラクターを選んだ瞬間、ゲームの中へと吸い込まれる。ジュマンジの中で、それぞれマッチョなフェロモン駄々洩れ冒険家やぽっちゃりオヤジ地図学者など本来の姿とかけ離れた姿に変身した彼らは、ゲームをクリアして現実世界に戻るため、それぞれ与えられたスキルを使って難攻不落のステージに挑む、というお話。
なにはともあれ、ギャップに笑わされます。ドウェイン・ジョンソンの筋骨隆々強くて頼りになるフェロモン駄々洩れ→気弱なゲームオタクとか、ジャック・ブラックのぽっちゃり地図学者→セルフィー大好きキラキラモテ系女子とか。
ゲーム実況映画みたいなものなので、前作と同じような面白さを期待しちゃダメってことは最初からわかってたので、構えずに見られたのも良かったのかもしれない。逆に言うと前作を意識しちゃうと、面白さは半減しちゃいます。
なんせ悪役ヴァン・ペルトが全然違うし~タイムパラドックスも、記憶が残っているあたり…いや、でもこの記憶が残ってるという設定があるからこそ、アレックスの家の「お化け屋敷」が幸せな家庭に変わっていて、ハッピーエンド風に終われるんですが。
スペンサーとマーサとの、下手くそなキスシーンも、なんか初々しいというか、良かったです(笑)いやでもあれ下手くそすぎでしょ。せめてちゅっと唇突き出してとかできなかったのか(笑)。
ギャップと書きましたが、色んなところでそのギャップがいい味を出していて、ゲームオタクなので理解が早かったスペンサーがライフがあったときは勇気だしたりフェロモン出したりしてたのに、ライフが残り1になると、突然「無理だよ~!(><)」とか言い出すあたりの、アバター側が演技達者な役者が集まっているからこその見せ場が面白い。ベサニーだって、見た目ジャック・ブラックなのに、なんかベサニーだったからね!?
それに、彼らの成長物語でもあって、校長の一般的な「人生は一度きりだ。」みたいな教訓を、彼ら自身ジャングルで協力し合う過程で学んでいくみたいなところは、なかなか良かったように思う。ベサニーは特に心の成長が著しく、私アレックスが96年に戻れないだろうと思ってたので、彼女とくっつくのかとてっきり思っていた。アレックスが弱点:蚊で倒れたときに、ライフを分け与えるとか、もともとそういうキャラではなかったので、ラストで「休みに、自然に触れていたいの」みたいに女友達に話してるシーンで彼女は素晴らしい人生を歩むだろうなと思ったよ。
「NPCは同じ台詞しか話さない」とか、ゲーム映画らしいお約束もちらほら。
てか、最初にカバに食べられてベサニーがライフを1つ失くすシーンとかいきなりすぎて笑った。カバ怖いな!動物園だとわからないけど、結構獰猛だからね、やつらは。弱点:ケーキ食べて爆発とか喧嘩して崖から突き落とすとかこの辺はお笑い要素だけれど、逆にそのライフを失くしたら上空から降ってくるルールを利用して宝玉を高所に持っていくとかはよく考えられてるなーと思ったよ。
マーサがゾンビのようにガチガチになりながら男たちを誘惑するシーンも笑えたね。髪の毛振り回しすぎてキモかった!(笑)イイネ。
全体に軽快に観ていられる作品でした。大爆笑はないけれど、ふふっと笑っちゃうようなところがありました。
ジュマンジのドンドコドンドンも、音響が良いスクリーンだったので、お腹に響いてきました♪
関連記事
スポンサーサイト
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村
Posted bymaki

Comments★ 4

まだコメントはありません。
fjk78dead → 

昔の「ジュマンジ」は「♪ジュマンジィ~」のジングルがゲームの聖性を歌いあげていた感じだったけど、今回のは「ドンドコドコドコドン」という太鼓で感じで盛り上がり重視な感じが良かった。

2018/05/06 (Sun) 00:47 | 編集 | 返信 |   
maki → >fjk78deadさん こんにちは♪

盛り上がりましたね、あの太鼓!
腹から響いてくるようだったのがまた凄く良くて(劇場鑑賞だからね)。
話の面白さでは前作にはかなわないんだけれど、
これもまた面白かったので、ちゃんと続編してたなーと思います
ゲーム状態が変わるのも時代を反映している…となると、
やはりふじきさんのいう通り、次はオンライン課金ゲーム…???
超絶金持ち(で、ゲーマー)が相手だったら庶民は敵わないのか…!ってところは
気になります。それだとゲームの腕のみせどころで勝負っぽいけど。
でもやっぱり個人的にはアナログなサイコロがいいなー。ほんと運って感じがして。
だから前作凄く好きなのかな。

2018/05/06 (Sun) 10:37 | 編集 | 返信 |   
ヒロ之 → こんにちは!

ゲーム内でのキーとなる設定(ライフとか弱点など)をちゃんと内容に活かしている点が良いですね。
ライフ一つ削って、宝石を渡すハイライトシーンなんて上手く考えてます。
ゲラゲラと笑えるシーンが多くあって、中々楽しいジュマンジでした。

2018/08/10 (Fri) 16:06 | 編集 | 返信 |   
maki → >ヒロ之さん こんばんは。

ヒロ之さんはオリジナルがいまひとつだったんですね、
それは残念だな~あれ傑作ですよ。
感動と夢と冒険もつまってる。

本作はやはりオリジナルには敵わないにしても、健闘していたとは思います
それはひとえに、ゲームキャラのほうの役者の演技力かなーと思います
ジャック・ブラックなんて、完全にベサニーでしたし
駄々洩れてるドウェインが「無理だよ~~(><)」とか言うところとかの
ギャップがたまりませんね。
ゲラゲラとはいかないですが、クスクスと笑える作品になってましたね

2018/08/12 (Sun) 18:10 | 編集 | 返信 |   

Leave a reply

Trackbacks 11

Click to send a trackback(FC2 User)
  • ショートレビュー「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」・・・・・評価額1600円
  • 友情・勇気・勝利!スキルを駆使して突破せよ! 楽し~!こりゃヒットする訳だ。 クリス・ヴァン・オールズバーグ原作の「ジュマンジ」が、故ロビン・ウイリアムズ主演で映画化され、本国公開となったのは1995年のクリスマスシーズン。 不思議な魔力を持ったボードゲーム“ジュマンジ”によって、ゲームの世界が現実に出現するという斬新な設定を、「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」...
  • 2018.04.08 (Sun) 21:39 | ノラネコの呑んで観るシネマ
  • 「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」☆映像は進化中、物語はレトロ
  • ねえねが小さい頃何度も見て大ファンだったジュマンジの続編。 いいタイミングで昼のロードショウでやっていた「ジュマンジ」を二人で見たら・・・・あれれ?私たちが好きだったのは「ジュマンジ」でなくて「ザ・スーラ」だった!と再確認。 このくだり何度もやっているのだけど、どうしても「ザ・スーラ」って題名を忘れてしまうのよne
  • 2018.04.08 (Sun) 23:57 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』
  • 高校の居残り4人組が 倉庫の清掃作業中に見付けたボードゲーム 「ジュマンジ」の世界中に吸い込まれる.. 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原題:Jumanji: Welcome to the Jungle
  • 2018.04.09 (Mon) 01:38 | cinema-days 映画な日々
  • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
  • 居残り組の高校生4人は、「ジュマンジ」という名のソフトが入った古いテレビゲーム機を発見する。 プレイするキャラクターを選んだ途端、4人はなぜかゲームの中に吸い込まれ、現実の自分とは身体も性格も性別までも違うキャラに入れ替わってしまう。 難攻不落のステージを各自のスキルを使ってクリアするしか、現実世界に戻る道はないのだった…。 アクション・アドベンチャー。
  • 2018.04.09 (Mon) 22:59 | 象のロケット
  • 映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」感想
  • ロック様を見ているのが楽しい映画 ゲーム好きなら、さらに楽しい映画でもある。 前作はボードゲームだったけれど、ここはコンピュータゲームになっている。アクションRGPのノリで、NPCは同じ事しか言わないとか、ライフとかステータスとかアイテムとか。村の様子は昔のドラクエの実写のCMを思い出す。 身体のデカい幼馴染のフリッジに良いように利用されているスペンサー。代わりにレ...
  • 2018.04.12 (Thu) 13:54 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
  • 『北の桜守』『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』トーホーシネマズ川崎4,3
  • 川崎で同日に見た2本をまとめてレビュー。 ◆『北の桜守』トーホーシネマズ川崎4 ▲画像は後から。 五つ星評価で【★★でもメタにだったら面白い】 吉永小百合の120本目の出演作。吉永小百合は1945年樺太から日本へ逃げ帰る二人の子持ちの妻役、かつ、1971年網走で軽いボケを発症しながら一人暮らしする老母役を演じる。吉永小百合は1945年生まれの73歳である。1945年、長男が大...
  • 2018.05.06 (Sun) 00:51 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章