メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ふしぎの国のアリス

2018/01/30  13:19
0
0
ふしぎの国のアリス

【概略】
退屈な昼下がり、アリスは大忙しで走っていく服を着た白うさぎを追いかけるうち、深~い穴に落ちてしまい…なんとも奇妙な世界に迷い込んでしまいます。自分の体は伸び縮み、美しい花たちは歌いだし、“誕生日じゃない日”をお祝いし、おかしなことばかり起こります。おまけに、双子のディーとダム、チェシャ猫、マッドハッター、ハートの女王etc.へんてこなキャラクターが次から次へと現われて、アリスは不思議で奇妙な冒険を続けるうちに…。
アニメーション



.0★★★★☆
なつかしや~ディズニーのアリスです。なんで~もない日ぃおめ~でとぉ~~♪ですね。今更ですがチェシャ猫やハンプティダンプティ、毛虫のおじさん、帽子屋、クイーン、懐かしいですね。

すっかり忘れていたので、新鮮にみられました。最近見たアリスはヤン・シュヴァンクマイエルのアリスですからね~。



涙流しすぎのアリス(笑)や関係ないけどピンク色ばかりのうさぎのおうち(意外と少女趣味?)、パンとバタフライとか、センスいいよね。

出てくるキャラクターたちはみな個性的で不可思議なものたちばかり、冒頭でアリスが「私の世界」について言っていたけど、まさにそれなんだよね。それにしても鳥1つにしてもよく考えられてますよねー。アイデアが面白いです。



バラの花を~赤くぬろうよ~♪とトランプの行進の曲が印象強くて好きです。「あなたはデブで我侭で底意地の悪い暴君」なんて暴言を吐くアリスが以外にもシュールで笑っちゃいました。

結局は「夢落ち」なんですけどもね。
今見てもヒロインのアリス、とってもキュートです。あのスカートのひらひらぐらいも可愛らしいよね。

世界観としては「不思議な」というよりけっこうシュールに感じました、シュヴァンクマイエル「アリス」を先にみたからじゃないけど。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿