メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

96時間/レクイエム

2018/04/03  18:34
0
0
exkjwtvy.jpg
【概略】
元CIA工作員・ブライアンは、幸せな暮らしを取り戻そうとした矢先、元妻・レノーアを何者かに殺害される。さらに彼に殺害容疑が掛かり…。
アクション


.5★★☆☆☆
元妻との元鞘を夢見ていたブライアンですが、その元妻レノーアを自分宅で死体で発見、動揺する彼は警察から逃げてしまい殺人容疑者へ。しかも娘にも危機が迫り…というストーリーですが、外国での颯爽と暴れる姿から一転、今度は逃亡者として犯人を追う立場へ。そう、国内なんです。
国内でこれだけ暴れといて無罪放免はないわー濡れ衣でしたテヘ☆はちょっと通じないだろう。警察も、なんかファンクラブみたいに「ミルズ!ミルズ!」とワイワイしている。
だいたい、「父の暴走が終わりを遂げる――」って、いままで暴走してたのかよ!と思ってしまった。このあおりもどうかと思うぞ。
ノンストップ感が薄れ、単なるアクション映画と化してしまった。
そもそもアクション俳優という位置づけとして認識していないリーアム・ニーソンに無理やりアクションさせなくてもと思ってしまう。強い親父は好きですが、リーアム・ニーソンは「体力の…限界ですっ」が来ているのかもしれない。
ドッツラー警部役のフォレスト・ウィテカーがいくら後から「最初からあなたが犯人でない事は分かってましたよ!ウフフ、ベーグルでね!」と言ったっていまひとつ説得力がない警察の無能ぶりとか、いまひとつスリルの足りないカーアクションとか、色々詰め込んだ割にひとつひとつが雑だから、燃える物がないんです。あーポルシェで飛行機離陸阻止は良かったけど一歩間違えてたら大惨事だからね。
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿