メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ジャスティス・リーグ

2018/04/02  20:40
6
8
91ePqJWFzLSL1500_.jpg
【概略】
スーパーマン亡き後の地球で世界の危機を察知したバットマンは、オンリーワンな特殊能力を持った超人をスカウトし、チームを結成する。
アクション

.0★★★☆☆
やっぱりスーパーマンはパーフェクトだな。
完全無欠のヒーロー“スーパーマン”亡き後の世界。宇宙からステッペンウルフの侵略の魔の手が迫っていた。もう一人のヒーロー、バットマンは、世界滅亡の危機をいち早く察知。一人じゃ世界は救えない―。バットマンの超人スカウト作戦が始まった。集まったのは、オンリーワンな特殊能力を持った超人たち。つきぬけたチカラが、つきぬけたチームをつくる!
フラッシュがスーパーマン甦りに「ペット・セメタリ―だ」を引っ張ってて笑える。みんな大人でシリアスだから、バリー(フラッシュ)がいるだけで場が明るくなるんよね。
チームとしては、バランスが取れている。ただ、ワンダーウーマンとスーパーマンとバットマンくらいしか馴染みがないので(フラッシュの海外ドラマ観てないし)ほかのサイボーグとかフラッシュとかアクアマンは今後に期待かなあ。
前作で大きな借りを作ってしまったバットマンがスーパーマンをとても気にしているのがなんかよい(笑)
映画としては大きな敵というわけでもなく、さほど面白さは感じなかったけれども、私実は結構スーパーマンが好きだから、彼が存在する、というのは嬉しいし(なんか切なくなるんだよね)、「超人」と一括りに出来ない圧倒的な強さがみれたので、よかったよね。
クライマックスで彼が現れた時の決め台詞もよかったね。やっぱり超模範的なスーパーヒーローでしょう。そこに痺れる憧れる!
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントアバター画像
fjk78dead 2018/04/04 01:57

私、どう見てもバットマンが負け犬キャラなので好きにならずにいられない。みんな色々な力を持ってるけど、彼だけは単に金持ちの普通の人でしかないのだもの。
コメントアバター画像
メビウス 2018/04/04 03:31

別格

makiさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

DCの人気ヒーロー勢揃いなお祭り作品なれど、自分もmakiさん同様フラッシュやサイボーグ、アクアマンと、大半が馴染みなかったので観てて不安でもあったんですよねぇ(汗)。でもこの三人のヒーローの背景は割とコンパクトで分かり易く纏められていた感じもしたので、そんなに混乱しなかったのも個人的には良かったかも?

あとスーパーマンの復活も恐ろしかったり頼もしかったりと、敵味方両方の脅威を体現してて、やはり別格だなとも思いましたね。
コメントアバター画像
maki 2018/04/04 07:54

>fjk78deadさん こちらにもありがとう。

あなたの特技はなんなのっていわれて
「スーパー金持ち」と言えちゃう軽妙さは良かったかな。
私はベンアフ@バットマンはそんなに好きじゃないのですが
この、金持ちだけど普通の人だよってところを強調するのは、良かった
今回の、ダメージを受けてて痛いのを我慢しつつ、腕が抜けてるのをワンダーウーマンに治してもらうところのシーンとかは好きです
スーパーマンのヘンリー・カヴィルは相変わらず正統派イケメン、正統派スーパーヒーローを体現してていい感じでした
コメントアバター画像
maki 2018/04/04 08:07

>メビウスさん おはようございます。

そうそう人気ヒーローといったって、半分知ってて半分知らない感じだったのですが
あまり背景を濃く描きすぎず かといって薄すぎずで
ちょうどよかったと思います
海神、ハイテク、高速、神の血、宇宙人に人間と、バランスも良かったですね
ただみんな大人でシリアスだからか、ワンダーウーマンの美しさと紅一点のところと
フラッシュのコミカルシーンではなんかほっとする感じ
スーパーマンの復活にバットマンが拘っていたのも、
贖罪の気持ちが強かったからでしょうね
バットマンの感じるほかのメンバーに対する劣等感なども描かれていて、良かったと思います。
ただ敵が微妙で面白くないんですよねーチーム組むほどの脅威か?とか思ってしまって…いや、確かにスーパーマンがいたからこそ倒せたのはあるんですが…。
その分映画的な面白さは減ってこの★の数です。
コメントアバター画像
ヒロ之 2018/04/04 17:56

こんばんは!

TBありがとうございました。
生真面目なヒーローばかりだとちょっと暑苦しいので、フラッシュの存在は場が和む意味でも重要な存在でした。
超人としての絶対的力があるのはスーパーマン。
彼頼りになるのも仕方がないかも。
観ている私ですらも安心出来ますし。
おっさんばかりの中にワンダーウーマンが入る事で、グンと華やかさが上がりますな。
コメントアバター画像
maki 2018/04/04 19:23

>ヒロ之さん こんばんは。

精神的にも肉体的にも、
超人という感じのスーパーマン
清廉で生真面目で、正義や信頼、そして人間への愛がある。
やっぱりスーパーマンだよなあああと再確認しちゃう作品でしたね
昔のリーヴさんのもいいですがヘンリー・カヴィルの
スーパーマンも好きなんだなあ、私。
次に強いのはワンダーウーマンなので、彼女の活躍が多いのも嬉しいですよね
ボスと途中まで戦っていたのは彼女なので。
他は雑魚相手してましたもんね。

コメントの投稿

トラックバック

ジャスティス・リーグ・・・・・評価額1550円 - ノラネコの呑んで観るシネマ

拗らせちゃっても、世界は救える。 DCコミックを代表する二大ヒーローが激突した、「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」から1年。 2007年に企画がスタートして以来、全世界のアメコミファンが首を長くして待っていたドリームチームが遂に出陣する。 これはDCコミックのスーパーヒーローチーム、「ジャスティス・リーグ」の結成と、彼らの最初の戦いを描くアクション超大作だ。 今年...

『ジャスティス・リーグ』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

*** ネタバレ注意! ***今年2本目、通算では「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」、「スーサイド・スクワッド」、「ワンダーウーマン」に続く5本目になる<DCEU>の最新作。この”ユニバース”作品群、前作前々作では<DCフィルムズ>と呼称していたが、本作のパンフレットを見ると<DCFU(DCフィルムユニバース)>とある。<MCU(マーベル・シネマテ...

『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』『ジャスティス・リーグ』 - ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

2018年1月3日に見た2本まとめてレビュー。 ◆『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』ユナイテッドシネマ豊洲12 ▲武侠シーンはエフェクトばつちりよーん。 五つ星評価で【★★★性格の悪い脚本がおもろい】 武狭人形劇。オリジナルはTVシリーズらしいが、それは未見。けっこうバサバサ四肢斬るし、ドバドバ血が出る。ブラボー。80分のソフトのうち前半は殺無生と凛雪烏...

ジャスティス・リーグ - シネマをぶった斬りっ!!

【監督】ザック・スナイダー 【出演】ベン・アフレック/ヘンリー・カビル/エイミー・アダムス/ガル・ギャドット/エズラ・ミラー/ジェイソン・モモア/レイ・フィッシャー/他 【公開日】2017年11月23日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ブルース・ウェイン=バットマンはスーパーマンの捨て身の行動に影響を受け、再び人類を信じるようになる。彼は新たな相棒ダイアナ・プリンス=...

ジャスティス・リーグ - 象のロケット

世界崩壊の危機が迫る中、バットマンことブルース・ウェインが集めたのは、史上最強のパワーを持ちながらも一筋縄ではいかない個性の強い超人たち。 力を合わせれば間違いなく最強だが、性格もバラバラで協調性のかけらもない。 このクセが強い超人たちに世界の運命が託された…。 スーパーヒーローアクション。 ≪地球は一人じゃ守れないー 史上最強の超人スカウト作戦、開始!≫