updated date : 2018/03/25

リメンバー・ミー

1712220000080.jpg
【概略】
天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界へ戻る方法を探るが…。
アニメーション

.0★★★★☆
映画館鑑賞。(吹替)
日本でいうところのお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられた一家の少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を描いた本作。
もうヘクターが登場してすぐに、ああ、この人が「件の父親(ひいひいおじいさん)」なんだろうなあとわかってしまうのですが、そんな理解や先読みなんてどうでもいいくらい、良かったです。
本作での感動のポイントはそこではなく、原題の「ココ」の意味するものとどうしてあの曲が作られたのかを考えると、とても切なくてあたたかい気持ちになる。
死者の国のカラフルな世界観も好きだなー!
また、主人公ミゲル役の男の子の歌が上手。つい涙がでてしまうラスト10分の「リメンバー・ミー」は、とくに。
序盤にココひいばあちゃんがなんだかリアルな感じで、「パパが戻ってきたの?」とか言うのが認知症の祖父母みたいでせつなく感じてたのだけれど、そこが伏線にもなっていたのね。
ミゲルの憧れのマリアッチは、実は卑怯で貪欲な男だった。十八番である「リメンバー・ミー」は勿論、数々のヒット曲も、すべてヘクター(ミゲルの実のひいひいおじいさん)が作った曲で、彼を毒殺して奪ったのです。しかも、リメンバー・ミーは大衆に向けて作った歌ではなかった。それは、愛する娘ココのために作った曲だったのだ。
家族の「歴史」の上に自分の人生が成り立っているという、ある意味とても深くて、分かり難いようなテーマを、アニメで落とし込んでくるのだから凄い。予告編みて、少年がギターをジャララン、地味だな。と思った自分が恥ずかしい。
現世で自分を覚えている人が誰も居なくなった時、人は二度死ぬのだ。なんだか、それが日本で問題になっている「孤独死」と同じものを感じて、悲哀を感じた。
「家族に会いたくなる」なんて安っぽいキャッチじゃなくて良かった。家族との絆が描かれてはいますが、生きてる人だけじゃなくて、これまでに生きてきた人、その人達が自分の命を繋いでくれているのだと、色々な人に支えられて生きているということを思い起こさせてくれる素敵な映画でした。
関連記事
スポンサーサイト


ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント数 10

まだコメントはありません。
ボー → 

私も予告編は何度も見て、それほど楽しみでもなかった(「アナ雪」のほうが目当てだったりする)ですが、よくできていましたねー。
じいちゃんが誰か、まったく気づきませんで、けっこうブラックな筋書きです。
リメンバー祖先!

2018/03/27 (Tue) 08:33 | 編集 | 返信 |   
maki → >ボーさん こちらにもありがとう。

予告だとなんか…超地味でしたよね
カラフルな世界観は実際の死者の日とかぶるものの、
子猿っぽい少年がギターじゃららんと鳴らしたところで…?で…?
って感じでした。
期待して観る大作ではないかもしれませんが、良作でしたね

えーひいひいじいちゃんはすぐわかりますよ、
お察しって程度の謎でもなんでもなかったです

ちなみにミゲルに超似てる青年が同僚に居ます。
童顔、福耳、顔全体が小さくて丸い。子猿。

2018/03/28 (Wed) 19:39 | 編集 | 返信 |   
 → 

ヘクターがどんな人生を送ったか、という事が気になりました。ミゲルが来なければ、
彼は生者の国に還って来る事も出来ずに、消えてしまう運命。

死者の国が繁栄していて、貧困や苦労とは無縁のように見えて、
実際には、そこにも社会があり、競争もあるというもの。

親孝行どころか、家族を救う結果に至るもので、音楽の否定、憎しみは、
これだけ音の溢れる世界で、随分思い切ったことをしたな、と思いました。

劇場にまで行って観て良かったです。

2018/04/01 (Sun) 17:10 | 編集 | 返信 |   
maki → >隆さん こんばんは。

じんわりと心あたたかくなるような作品でしたね
日本では受け入れられやすい物語でした
ヘクターは家族を捨てられなかったわけですが、
そのすれ違いは哀しいですね
家族は、ママ・イメルダは、ずっと自分たちを捨てたと思っていたのですから
死者の国で再会はしなかったのでしょうかね
チョリソーで「有名」なヘクターでしたし。
序盤の設定は凄いですよね、音楽がまるまる禁止って、自分たちだけじゃなく
他人にも厳しかった^;
音だらけの世界で音楽を禁止し靴を作っていくことで、ある意味で自分たちを守っていたのかもしれませんね。代々靴さえ作っていればいいと。
でも、もしかしたら、ミゲルのように音楽家とまではいかないまでも、音楽に興味を持った家族だって、実はいたかもしれないのに、そこは少し残酷ですね。

2018/04/01 (Sun) 23:10 | 編集 | 返信 |   
メビウス → 分かり易い・・でも泣いちゃうw

makiさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ヘクターが登場してからは自分もミゲルの一族のルーツと照らし合わせながら色々思考して鑑賞してたので、確かに道中から結構分かり易い感じにはなってましたよね。ただ分かってはいる展開が多くても、映像で実際見るとブワッと涙腺を刺激されるのでピクサーはやっぱり泣かせ上手だなぁ・・と^^;
おばあちゃん子でもあったせいか、ママココにリメンバー・ミーはかなりヤバかったですw

2018/04/08 (Sun) 20:29 | 編集 | 返信 |   
maki → >メビウスさん こんばんは。

登場した瞬間わかるというのも、ちょっと気持ち残念ではありますが、
メインはその「誰がひいひいおじいちゃんなのか」ではないので、
あえてわかりやすく作ったのかもしれませんね。

メビウスさんはおばあちゃん子だったんですね。
ママ・ココのシーンはかなりやばかったのでは…。
あそこ、おばあちゃんが「お母さんに何したの!」とか激怒していたのに
その母親がしっかりと意思をもって思い出してくれていた事に
感激している様子もまた感動に繋がるんですよね。
ママ・ココが現実味ある老人の描き方をされてて、そこは単純に凄いと思います。
私は認知症の祖父がいたので、ふと祖父を思い出しました。
祖母は、まだ若く60台で病院の医師が週末にいない体制のせいで容体急変で亡くなったので…。

2018/04/08 (Sun) 20:50 | 編集 | 返信 |   
白くじら → こんにちは。

私も吹き替え鑑賞でしたが、ミゲル役の子がうまくって、ラストのリメンバー・ミーはとても素晴らしかったです。

ひいひいおじいさんの謎や、誰がヘクターを忘れているのかとかの謎は先読みできましたが、そういう謎が分かっていても、素直に感動してしまう演出もよかったです。

このところ、実写ではなかなか泣かないのですが、アニメの方が泣いてしまいますね。(^^) あ、昔からかも。

2018/04/12 (Thu) 16:33 | 編集 | 返信 |   
maki → >白くじらさん こんにちは。

ミゲル・バージョンのリメンバー・ミーが結構頭から離れなくて^;
フレーズが…。

先読み出来過ぎてて大丈夫かな…と思ったら、
そのまま王道の展開からわかりやすいオチに落ち着くところまで、
予定調和ではあるものの、感動作でしたねえ

アニメだと、わかりやすさ直球で心に響いてくるからかもしれませんね

2018/04/13 (Fri) 17:11 | 編集 | 返信 |   
fjk78dead → 

ヘクターの相棒のマリアッチ、家族を捨てて歌を選んだ形になっているけど、何かそれなりに理由があるんだろうなと思って見てました。

2018/04/23 (Mon) 23:05 | 編集 | 返信 |   
maki → >fjk78deadさん おはようございます。

家族を捨てて歌を選んだってのも、
ヘクターの真似の設定なのかもしれませんね。
結局は名声のためなら何でもする男でしたからね~
夢のために故郷を捨て成功したと聞けば、
美談にも通じますからね

2018/04/25 (Wed) 08:11 | 編集 | 返信 |   

コメントを書き込む

トラックバック数 11

  • リメンバー・ミー
  • ディズニーとピクサー製作で送る、メキシコの死者の日をモチーフにしたアニメ映画だ。アカデミー賞長編アニメ部門を受賞しただけの内容だった。死者の日というのは日本でいうお盆と同じで、亡くなった方が自宅に帰ってくるというものだ。そんな波乱もない物語かと思っていた
  • 2018.03.25 (Sun) 16:56 | とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
  • 【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール
  •  「モーニング」さんからのご招待。客入りは1階席多分満席、2階席9割位。CGアニメ作品なので、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。日本語吹き替え版が上映された。「アナ雪」の短編は上映無し。
  • 2018.03.25 (Sun) 18:43 | 新・辛口映画館
  • 映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし
  • 映画 『リメンバー・ミー(日本語字幕版)』(公式)を本日 公開初日に、シネマイクスピアリにて劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ディレクター目線のざっくりストーリー 本年度アカデミー賞R 2部門受賞(歌曲賞、長編アニメ映画賞受賞) とある理由で家族に音楽を禁止されながらも、ミュージシャ...
  • 2018.03.25 (Sun) 18:57 | ディレクターの目線blog@FC2
  • 『リメンバー・ミー』('18初鑑賞25・劇場)
  • ☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 3月16日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:40の回を鑑賞。 2D:吹替え版。
  • 2018.03.26 (Mon) 14:15 | みはいる・BのB
  • リメンバー・ミー
  • メキシコで代々靴屋を営む家に生まれた少年ミゲルは、ギターが大好き。 でも、厳格な《家族の掟》のせいで、ギターを弾いたり音楽を聴くことは固く禁じられていた。 年に一度、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”に、町が生んだ伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスの墓に忍び込んだミゲルは、ガイコツたちが楽しく暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう…。 ファンタジー・アニメ。
  • 2018.03.26 (Mon) 21:22 | 象のロケット
  • リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円
  • 家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 音楽に憧れる靴屋のせがれが、ひょんなことから死者の国へソウルスリップ、家族の歴史にまつわる秘密を解き明かし、何世代にも渡る誤解を解くべく冒険を繰り広げる。 脚本はエイドリアン・モリーナとマシュ...
  • 2018.03.27 (Tue) 21:54 | ノラネコの呑んで観るシネマ
  • リメンバー・ミー
  • 居場所を求めた、孤独な魂の物語。ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。しかし彼の家では、むかし起こったある出来事がきっかけで、代々演奏はおろか音楽を聴くことも禁じられていた。人々が先祖の魂を迎える“死者の日”、音楽のことで家族と衝突してしまったミゲルが、憧れのスター、エルネスト・デラクルスの墓を訪れたところ、いつの間にか死者の国に迷い込んでしまう。カラフルで美しいその世界ではガイコツ...
  • 2018.04.01 (Sun) 16:51 | 8th Round
  • リメンバー・ミー
  • 【監督】リー・アンクリッチ 【声の出演】アンソニー・ゴンサレス/ガエル・ガルシア・ベルナル/ベンジャミン・ブラット/アランナ・ウバック/レニー・ビクター/ジェイミー・カミル/アナ・オフェリア・ムルギア/ナタリア・コルドバ=バックリー/ソフィア・エスピノーサ 【公開日】2018年3月16日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。し...
  • 2018.04.08 (Sun) 20:29 | シネマをぶった斬りっ!!
  • 85『リメンバー・ミー』
  • 今作は簡単にまとめてます。 だからといって、おもしろく無いわけじゃないよ!!! ピクサー・アニメーション最新作は、やはり外れないどころか... 『リメンバー・ミー』 ~あらすじ~ 過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラク...
  • 2018.04.11 (Wed) 00:10 | シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ
  • 『ビッグ・シック』『坂道のアポロン』『リメンバー・ミー』『曇天に笑う』『ボスベイビー』
  • 摘まんで5本まとめてレビュー。 ◆『ビッグ・シック』シネパレス渋谷1 ▲ゾーイちゃん鷲っ鼻やな。 五つ星評価で【★★★『8年越しの花嫁』と対照的】 『8年越しの花嫁』に似てる。っつか病気は一緒らしい。それをアメリカに持っていって男性側をパキスタン系のコメディアンにした。あの佐藤健が「お願いだから看病させてください」と言ってもかなりケンモホロロ状態だったのだから、日本版でこ...
  • 2018.04.23 (Mon) 23:08 | ふじき78の死屍累々映画日記・第二章
【このブログについて】【全記事一覧】