メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ラスト・クルセイダーズ

2018/02/05  16:35
0
0
ラスト・クルセイダーズ

【概略】
ニューヨークで開かれたバチカン秘宝展をテンプル騎士団の扮装をした一団が襲撃。現場に居合わせた女性考古学者テスは、父が発掘したコンスタンティヌスの十字架が奪われた事から彼らを追いかけ、奪い返してしまう。独断で騎士団の正体を探るテスは、盗まれたのが騎士団に託された巻物とその解読器である事を知って…。
アドベンチャー



.0★★★☆☆
あ、これミラ・ソルヴィーノさんなんだ。

タイトルからもわかりますが、まあ~この手の作品って好きですよね、テンプル騎士団を題材にするの。アドベンチャーもので彼らがでてこないことはないってくらい。

展示会でテンプル騎士団の格好をした集団が襲撃という発想は面白いよね。でも、仮にも考古学者がその遺物(司教杖)を使って襲撃者を叩いたりとかしますか?…しないでしょ!!!一応アクションアドベンチャーってことだから、ヒロインの性格とかを現しているんでしょうが小説なら面白いけど映像にするとなんだかわざとらしいシーンでした。

きれいな人なんですが、若い設定なのかちょっとテスがブリブリ気味。あとテス(ミラさん)役の吹き替えの声があわないなぁ…。

テンプル騎士団が残したものはイエス自身が書いた福音書、これはキリスト教を根本から覆す遺物…ってことでバチカン側の狂信的な神父も妨害してきます。

ラストの断崖絶壁シーン…まるで火サスみたい。アラム語で書かれているその文章を手に入れたときには主人公は信仰に目覚めていて「人々から愛や希望や信仰を奪うつもりなのっ!?」うわぁ、予想通りの展開。で、結局謎のままなんだよね。

ところどころ、回想想像のような形で、3人の騎士の物語が描かれますが、ラストまでみてしまうとエマールの背負ったものは物凄く重かったんだなあ…。

クライヴの立場が気になったわ…友達なの?恋人なの?幼馴染なの?なんにせよ、娘を頼めるほど親密なのは確かか…。私ならあの捜査官よりクライブだけどなー…。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿