メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ボーンキッカーズ

2018/02/05  16:43
0
0
ボーンキッカーズ

【概略】
考古学調査チーム、通称“ボーンキッカーズ”。彼らは遺跡から発掘した微細な遺骨や埋蔵品を最新テクノロジーで解析し、歴史の裏側に封印された驚くべき秘密を解き明かしていく。イギリスで発掘された十字軍の遺骨が語る謎。キリストを磔にした十字架は、テンプル騎士団の手でイギリスに運ばれていたが…。
アドベンチャー



.0★★☆☆☆
んー「神の軍隊」「永遠の炎」の2作品がはいってますね。これ単体だと思ってたらミニドラマシリーズなんですかね。BBC製作です。ボーンズ+インディジョーンズとかってジャケットに書いてありましたが、普通にB級考古学アドベンチャー作品です。

ジリアン博士、法医学のベン、考古学者のグレゴリー、それに研修生のヴィヴの調査チームが歴史の裏側に封印された秘密を解き明かしていく。考古学系は大好きです~♪

埋まっていた骨はテンプル騎士団のものだった、という第一作「神の軍隊」。テンプル騎士団ものってことはやはり聖遺物系になるわけで…のせられてるのはわかりつつも、やはり胸がドキワクしちゃったよ、実はこうだったんじゃないかと夢とかロマン、謎を解く喜びがある…これが考古学系のいいところ!狂信的な人物なんかも出てきたりして、信仰の強すぎる怖さも一応でていたけど…ロープ戦闘はちょっと引いたかな^;

二作目は古代ケルトの女王ブーディッカ(ボアディケア)の「永遠の炎」。題材の目の付け所がいい感じですよね。…とはいっても数年前に彼女のものらしい首飾りが見つかったんでしたっけ? 日本人には印象薄いですが、本国イギリスなんでやはりその辺りの歴史を扱うんでしょうね。モザイク画を割れ!ってところの葛藤があまりないのは残念ですが、ローマに復讐をしたとか(愛の虜…ってのはちょっとアレですけど)はそんな馬鹿なと思いつつも、ロマンはあります。結石化した遺体が焼けてしまって結局歴史は闇に…ってところもベタです。一部でもいいからもってかえる~とかは、できないのがお約束ですか;

考古学のおじさまグレゴリーがいいキャラでした。きっと若いころは素敵だったんだわ!と妄想してしまいます。
ジリアンの母が気がくるってしまったという謎も気になりますねー。あの2作品に出てきた何かの「剣」が関係しているようですが…。

メインキャラクターである主役のジリアン博士がいまいち魅力的な人物ではないのが難点ですか…。

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへにほんブログ村

映画レビューランキング
関連記事
ランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ B級映画へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿